結婚式のお車代は裸じゃダメ?封筒やテンプレート一挙公開!

結婚式はワクワクしますよね。

これからの生活のこと、結婚式当日のこと
考えるだけで、明るい気持ちになりますよね。

しかし、意外とやることが多くて、困ってはいませんか?

人を呼んだはいいが、
お車代とかよくわからないし…

大丈夫です。要は気持ちです。

とはいえ、ある程度形式があるので覚えましょう。

お車代は、遠方などから来る人への交通費みたいなものです。

そして、裸で渡してはいけません
しっかり封筒に入れましょう。

このように形式があるので、今から一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

マナーのある結婚式に!お車代の渡し方と関係別の挨拶や言葉とは?

結婚式などの冠婚葬祭は、
老若男女来るので、マナーの良いものにしましょう。

そして、お車代ですが、
誰に渡すかによっても、少し違ってきます。

上司や先輩・・
本日は、お忙しい中まことにありがとうございます。

友達、同僚・・
今日は、来てくれてありがとう。

こんな感じ良いと思います。

正直言えば、もっと話したりができればよいのですが、
おそらく、一人ずつとそんなには会話する時間はないと思います。

なぜなら、あなたたちが主役だからです。

あなたがたは結婚式に行ったことはありますか?思い出してください。

そんなに、がっつり会話が出来てはないはずです。

主役のもとにはたくさん人が来るからなかなか時間がとれません。

なので、いまのような一言で良いと思います。

そして、どちらかというと、大変なのはどのタイミングで渡すかだと思います。

忙しい新郎新婦が直接渡せるタイミングはなかなかありません。

なので、その時には、
受付の方か、ご両親に渡してもらうのがベストでしょう。

その方が、あなたたちも色々考えたり、
ソワソワしたりせずに、式に集中できます。

ちなに私は、
お車代は二回もらったことがありますが、
二回とも、新郎のご両親から頂きました。

そして、受付を任されたときは受付の時に渡す役をしました。

新郎新婦から直接もらうことはなかったです。
参考程度にどうぞ。

もし、どうしても自分たちで渡したいというのであれば、
披露宴が終わって、最後のお見送りの時に渡すのが一番良いのかなと思います。

それ以外のタイミングは、
あなたたちが動いて持っていくとあまりにも不自然な光景になります。

それか、相手側が来てくれればよいですが、
状況によっては、相手方も動いてくれずに、
結局渡せなかったということにも繋がるかもしれません。

ですので、あなたたちが動かず、なおかつ相手側が近づいて、
不自然でない光景があるとすれば最後のお見送りだと思うので、そちらをおすすめします。

スポンサーリンク

直接渡す際に、気を付けないといけないのは、渡し間違いです。

最後に渡すとなると、全員分持った状態なので、
お車代もみんな均一ならよいですが、違った場合に問題が生じます。

そういうミスを防ぐという事も踏まえて、両親や受付の人に頼んだ方がいいと思います。

どこに書く?結婚式で渡すお車代の封筒の書き方や名前のポイント!

封筒の書き方、
こちらも決められた形があります。

まず、封筒ですが、
一万円以下の場合はポチ袋で、
一万円以上の時は、ご祝儀袋にしましょう。

そして、名前を書いていくのですが、
これは毛筆か筆ペンで書きましょう。

そして自分たちの名前を書くのですが、両家ともお世話になる人には、
お互いの旧姓の苗字で右側に新郎、左側に新婦の名前で書きます。

それぞれの個別でお世話になっている人には、それぞれの苗字で書きます。

余談でお金の入れ方ですが、

一万円以上の場合は、お金は人の顔が上になるように新札で揃えて入れて渡してください。

一万円以下の場合のポチ袋の場合は、三つ折りにして入れますが、
まず、人の顔が正面を向くように置き、左側を一回折り、最後に右側を折り、三つ折りにして入れます。

ちなみに、渡す相手の名前は書いてはいけません、マナー違反になるのでご注意ください。

しかし、相手に渡す時は
名前がないと間違えてしまう可能性もありますし、
両親や受付の方に渡してもらう時は余計に大変だと思うので、
その際は付箋などに名前を書いて、渡す直前で外すとスムーズにいくと思います。

まとめ

結婚式といっても楽しいことだけじゃないですね。
準備が色々ありますね。

しかし、これを乗り越えると
あなたたちが主役の結婚式が待っています。

私が今まで行ったことのある結婚式で
一番すごい感動をしたのは、国立競技場を半日貸切って行った結婚式でした。

結婚式の金額はわかりませんが、
普通の式場であげるよりもお金はかからないらしいです。

さらに、国立競技場ならではの余興があり、
新郎新婦のPK対決がありました。

そんな経験はもう二度と出来ないでしょう。

あななたたちがどこで式を挙げるかわかりませんが、
普通の式場じゃないところで挙げるのも一ついい思い出になるかもしれません。

どこで結婚式を挙げようが、忘れていけないのは、
結婚式に来てくれた方たちへの感謝の気持ちです。

その感謝の気持ちを表す行動の一つとして、
今回お話したマナーがとても大切になります。

ですので、しっかりした準備をして、当日によい式を挙げてください。

スポンサーリンク