どうして育児に参加してくれないの?旦那にイライラする瞬間10点!

こんにちは。

みなさんの旦那さんは
育児にちゃんと協力してくれますか?

イクメンという言葉ばかりが先行してしまい、
実際は休日の遊び相手くらいしかしてくれない!
という声はよく耳に入ってきます。

そもそも育児に“協力”という言葉さえおかしいのに、
やっぱり育児はママがメインとなってしまい、
パパは手伝うというスタンスになってしまうような気がします。

そこで今回はどうして育児に参加してくれないの?
旦那にイライラする瞬間10点

というテーマで話したいと思います。

スポンサーリンク

育児と旦那の世話でイライラしていませんか?共働きが陥る落とし穴!

世の中のママのみなさんは
育児と旦那さんの世話でイライラしていませんか?

専業主婦のママ、共働きをしているママなど
色んなママがいると思いますが、

今回は共働きの世帯のイライラしてしまう10点について
紹介します。

1.ようやく寝た子どもを起こしてしまう

なかなか眠ってくれない子どもを
寝かしつけるのは至難の業です。

子どもが小さければ小さいほど
寝かしつけるのは難しいのではないかと思います。

やっと寝てくれた子どもの姿を見て
ホッと安心した瞬間に

ガチャッとドアがあけられ、
ドタバタとお風呂に入ったり、
ご飯を食べ始めたりしてしまい、

子どもを起こしてしまうなんて
よくあるのではないでしょうか。

パパも別に遊んだわけではなく
仕事が遅くなり、
子どもが寝る時間まで頑張っていたのですが、

なかなか悪いタイミングで帰ってきてしまい
子供を起こしてしまい、
イライラしてしまうことがあるようです。

2.急な保育園からの電話。いつも迎えに行くのは私(ママ)

共働きの世帯の子どもたちは
保育園に預けることになることが多いと思います。

保育園に行き始めた頃は
他の子どもたちから風邪をもらったりして、
熱を出してしまうことが多々あります。

その中で保育園に迎えに行くのはいつもママ

1回くらいなら職場の人も
仕方ないと割り切ってくれるかもしれませんが、
それが何回もとなると白い目で見られることもありますよね。

それを理解してくれず、
当たり前のようにママが迎えに行くことになっていることに
イライラ
してしまうことがあるようです。

3.飲み会に何回も出かけてしまう

仕事場の付き合いとはいえ、
月に何回も飲みに行くことを許すことはできないですよね。

飲みに行っている間の子守りは
全てママがしないといけなくなります。

ママもたまには飲みに行きたいし、
家でゆっくりしたい気持ちもあると思います。

そんな中で何回も飲みに行ってしまうパパに
イライラ
してしまうことがあるようです。

4.朝のドタバタしているときに手伝ってくれない

保育園に通っていると、
特に朝の時間はドタバタして忙しいと思います。

ママの自分の仕事の準備に加え、
子どもの準備もしないといけない。

しかも、子どもは計画通り、言った通りに
してくれることなんてありません。

でも、その時間は
パパはもうすでに仕事に行ってしまっていない

毎朝ママ1人で保育園の準備をすることに
イライラ
してしまうことがあるようです。

5.家事を分担してくれない

専業主婦のときは家事は100%やっていても
家にいるから仕方ないと思っていても、

スポンサーリンク

共働きで家事を全部するのはおかしい
と思っているママは多いと思います。

共働きなら家事の負担は半分半分にするべきですが、
なかなかしてくれません。

仕事から帰ってバタバタご飯を作って、
お風呂を入れて、明日のご飯の準備をして、

時間もないし、することはたくさんあるのに、
分担してくれないパパに
イライラ
してしまうことがあるようです。

6.子どもが機嫌がいいときにしか面倒を見ない

子どもが機嫌がいいときは一緒に遊んであげているのに、
子どもが不機嫌になった瞬間に

「ママー、子どもが泣いているよ」
と言ってしまうパパは多いようです。

ママだって不機嫌なときに何回も付き合っているから、
不機嫌なときの対応が上手になったのに、

その努力を放棄してしまうパパに
イライラ
してしまうことがあるようです。

7.言われたことしかしてくれない

家事を全くしないわけではないけど、
お願いしたことだけしかしないパパは多いようです。

最初の方は手伝ってくれてありがたいと思っていても、
だんだんと言われたことしかしてくれないと感じて、
イライラ
してしまうことがあるようです。

8.育児にこだわりが多すぎる

育児を手伝わないのに、
こだわりが強すぎて、事細かに言ってしまう。

育児に協力的ならまだしも、
手伝わないパパにイライラしてしまうことがあるようです。

9.自分(パパ)のことを優先してくれと言う

育児に忙しいママ。

パパは自分のことだけでもいいから
自分でして欲しい
と考えているママは多いです。

でも、育児をしている状況を見ないふり?して、
仕事から帰ったらご飯を作ってとか

いろいろ言ってしまうパパに
イライラしてしまうことがあるようです。

10.産後の容姿にケチをつける

1人、2人と子どもを産んでいくうちに
体型が変化してしまうママは多いと思います。

それはママだって気にしていることです。
わかっていることです。

でも、「まだ体型戻らないの?」とか
無神経なことを言ってしまうパパに
イライラ
してしまうことがあるようです。

辛い育児を旦那は分かってくれない!おすすめのストレス解消を知る

10か月間の妊娠期から、壮絶な出産、
すぐに始まってしまう育児を経験しているママとは違い、

パパは育児休暇を取るわけではなく、
パパにいつの間にかなってしまった
という状況になってしまいます。

だからママより
パパになったという意識を持ちにくいことは確かです。

ですので、育児を分かってくれないのは
ある意味仕方のないことだと思います。

でも、ストレスが溜まってしまっては
ママが疲れてしまいます。

私のおすすめのストレス解消法は
やっぱり一旦子どもから離れて
自分1人の時間を持つことが1番おすすめです。

育児には24時間365日間休みがありません。

1日中ずっとは厳しいかもしれませんが、
数時間でもゆっくりする時間をあげることが
必要だと思います。

パパに協力してもらい、
うまくストレスを解消することが大切です。

まとめ

まだまだ育児に非協力的なパパが多いのが現状です。

パパはママと比較すると普段は仕事をしているから
意識を持ちにくいのではないかと思います。

でも、こんなにイライラしてしまう瞬間があると
ママは疲れてしまします。

なので、パパに協力してもらい、
うまく息抜きをしながら育児をしていくことが
大切だと思います。

スポンサーリンク