入学祝いの書き方? 手紙の見本や友人・知人に送るおすすめメッセージ!

入学祝いの手紙は、何をどのように書けば良いのでしょうか。
子どもさん本人宛か、親御さん宛かで、内容も変わりますよね。

親しくしている友人の子どもさんが、小学校に入学することになりました。
赤ちゃんの頃から、よく知っているので、うれしいですよね。
入学祝いと一緒に、手紙も届けましょう。

そんな時、手紙はあなたの友人である親御さん宛?
それとも、入学する子どもさん宛が良いのでしょうか。

入学祝いの手紙の書き方・注意点について説明します。
入学祝いの金額的な相場についても、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

心を込めて入学祝いを渡す!
書き方の見本と季節の挨拶を公開!

入学祝いの基本について確認しておきましょう。
併せて、手紙の書き方と見本についても紹介します。

入学祝いとは

入学祝いとは、身内が贈るお祝いのこと。
基本的には、甥や姪、孫に贈ります。

但し、親しい友人や知人の場合は入学祝いを贈るケースもあります。

あなたが、贈りたいと思う気持ちが大切なのです。

入学祝いは、「お祝い金」として贈る方が多いですね。
お祝い金以外には、図書カードや商品券などの金券があります。

入学祝いは、子どもさんの学校生活に役立つものが良いでしょう。

入学祝い用の手紙

入学祝いを贈る時、お祝いのメッセージも添えましょう。
「入学を祝福する」あなたの気持ちも贈ることができますよ。

小学校に入学する場合

子どもさんが小学校に入学する場合、親御さん宛の手紙が多いようです。
但し、子どもさんとも親しい場合、本人宛の手紙を添えても構いません。
私も小学校の入学時、伯母からカードを貰ったのが嬉しかったなぁ…。
今、思い出しました!

中学校に入学する場合

中学校へ入学する場合は、子どもさん宛の手紙を書くケースが多いようです。
直接子どもさんと親しく無い場合は、親御さん宛で良いと思います。
子どもさん宛に手紙を書く場合、説教にならないよう注意して下さいね。

「これからは、親孝行しなければいけないよ」
「何ごとも、自分でするように」
という、説教じみたメッセージは控えましょう。
せっかくのお祝い事ですから、入学を祝福し子どもさんを応援するメッセージが良いですね。

手紙の見本(親宛)

入学祝いの手紙の見本を紹介します。

スポンサーリンク
春霞のただよう季節となりました。皆様お変わりございませんか。
このたびは、○○ちゃんのご入学、おめでとうございます。
幼稚園の頃から、いつも元気にあいさつをしてくれていた○○ちゃん。
春からは、ランドセル姿のお兄さん(お姉さん)になりますね。
我がことのように嬉しく、心浮き立つ思いでおります。
ご家族の皆様のお喜びは、たとえようもないことでしょう。
希望に満ちた楽しい学校生活を送ることができますようお祈りしております。
お祝いのしるしとして、○○をお送りいたしました。
喜んでいただければ幸いです。
取り急ぎ、お祝いまで。

手紙の見本(子どもさん宛)

○○君、中学校へのご入学、おめでとうございます。
中学校では、部活や勉強に充実した毎日を送られることでしょうね。
3年間の中学生活を通して、多くを学び友達と一緒に素晴らしい思い出を作って下さい。
入学のお祝いとして、ささやかですが贈り物を同封しました。
学用品や好きなものに役立てて下さい。
お父さん、お母さん、ご家族の皆さんにもよろしくお伝え下さい。
2パターン、紹介してみました…参考になればと思います。

入学祝いの相場はどのくらいがベスト?
友人に渡す場合に気を付けるポイント

入学祝い金の相場

入学祝いの相場は、5千円~3万円位が目安になります。

但し、身内以外の方がお祝いする場合は5千円~1万円が一般的です。

贈り物は「お祝い金」が一般的ですが、図書カードや文具券などの場合もあります。
小学生にお金を贈ることに抵抗がある場合は良いですよね。

プレゼントを選ぶ時の注意点

入学祝いを「お祝い金」ではなく、品物にする場合注意するポイントを紹介します。

・お返しを気にさせないよう気軽な品物を贈る

・学校で使えるか確認する

・子どもが使いやすい品物を選ぶ

・成長しても使える品物を贈る

小学生の場合ネームシールや水筒、名入れ鉛筆や目覚まし時計などもオススメです。

中学生なら財布やボールペン、電子辞書や腕時計なども良いかもしれません。

部活なども小学生より活発になるのでスポーツタオルもオススメです。

友人に渡す時の注意点

あまりに高額な贈り物は、受け取る側にとって負担になる可能性があります。
友人、その子どもさんに気を遣わせないように配慮することも大切です。
受け取る側との親しさの程度によりますが、常識の範囲内で考えましょう。

贈り物の場合、既に持っているものと重複しないようにしましょう。
事前に、リクエストを聞いておくのも良いですね。

まとめ

親戚や友人・知人のお子さん……。
あんなに小さかったのにもう新入生だなんて、本当にうれしいですよね。
これからの学校生活、友人も子どもさんも楽しみにしていることでしょう。
人生の節目に届く、入学祝いの手紙は一生の宝物になるかもしれません。
お祝いのお金や品物も大事ですが、手紙はもっと大切な気がします。
大切に思う気持ちをこめて、手紙を書いて下さいね。

スポンサーリンク