節分はいわしとひいらぎを飾る!その後は庭に埋めたり焼いたり?

関西の一部では節分にいわしとひいらぎを飾る習慣があります。

これは強い臭いを出す鰯(いわし)で鬼を寄せ付けないと言う一種の魔除けで、
節分が過ぎた後は柊鰯(ひいらぎいわし)を焼き、その灰を玄関先に埋めます。

地域によっては神社でお焚き上げをするケースもあります。

スポンサーリンク

なぜ節分にいわし?
由来は鰯の頭も信仰からという言葉から来ている?


いわしの頭を節分に飾る様になったのは、平安時代よりも前だと言われています。

いつから始まったのかはハッキリとしていないのですが、
その当時の書物にはすでに、その旨の掲載があったようです。

ちなみにこの飾りは柊(ひいらぎ)の枝に焼いたいわしの頭を刺して玄関先に飾るものです。

そもそも鬼は柊の枝についているトゲが苦手で、且ついわしは青魚特有の臭みがあります。

トゲと臭みのダブルで鬼を撃退すると言う飾りで、魔除けの一種です。

鰯の頭も信仰から」という言葉を聞いた事がありますか?

意味は……、

“いわしの頭の様なつまらない、どうでも良いものでも信仰を深めればありがたい物に見える”

信仰は人によって違う事、そして信仰宗教に熱を上げる人に皮肉を言った言葉でもあり、
この柊鰯の風習から作られたとの仮説もあります。

卵が先か…鶏が先かわかりませんが、柊鰯は昔の人たちにも多くの教えや言い伝えを残してきた事が分かります。

柊鰯は節分当日のみ飾るものであり、翌日には捨ててしまって問題ありません。

むしろそのままにしておくと縁起が良くありませんのでお焚き上げで燃やして頂くか、
または自宅で灰になるまで焼いて玄関先に埋めるのがベスト
です。

それも難しい場合は、清潔な紙に包んで一般ごみとして捨ててしまっても問題ありません。

関西の一部地域で今も根強く残っている柊鰯ですが、今年は自宅に飾ってみませんか?

鬼も逃げるほどインパクトのある飾りですので、効果もてきめんではないでしょうか。

スポンサーリンク

どう説明する?
節分の由来を子供向けに分かりやすく説明するには?


柊鰯(ひいらぎいわし)を飾ると十中八九お子さんから、

「これは何?」

と聞かれるでしょう。

関西地区以外ではあまりメジャーではないので仕方のない事かもしれません。

柊鰯に関して、お子さんにどの様に説明すれば良いでしょうか?

そもそもこの飾りについて説明する為には、節分とは何か?を理解しなければなりません。

3~4歳くらいまでのお子さんには柊鰯や節分の正しい由来を説明しても理解出来ないかもしれません。

その為シンプルに、

鬼から家族や家を守ってくれるお守りなんだよ」
と説明すると分かりやすいです。

大切なものである事を理解出来れば、
変に触る事もありませんし不気味がる事もないでしょう。

また柊の枝にはトゲがついているので、お子さんが触ってケガをすると大変です。

その為、手の届かない場所に飾る工夫が必要です。

5~6歳のお子さんにはもう少し詳しく、

悪い気を払ってくれるお守り」

「鬼が嫌いなトゲと魚の臭いで、邪気を呼び込まない様にしている」

などと説明すると良いですね。

それでは、実際に柊鰯を作ってみませんか?

関西では節分が近づくと焼いた鰯の頭を販売しているスーパーもあるので、それを活用するのも良いですね。

鰯は生のままだと臭いますし、
腐ってしまうので衛生面からしても必ず頭を焼いて、水分を飛ばしましょう。

こんがり焼けたら後は柊の枝を鰯のエラから目に向かってググっと刺せば完成です。

飾りとして柊の葉っぱを添えると、より魔除けっぽくなります。

出来上がったら節分当日に玄関先に飾ってみましょう。

まとめ

節分でのインパクトの強い魔除け、柊鰯(ひいらぎいわし)は関西の一部の地域から始まったと言われています。

すでに平安時代の書物に記録が残っており、
今も変わる事なく節分になると柊鰯が飾られています。

言葉の意味や古くからの由来をわかりやすく説明しながら、
お子さんと一緒に柊鰯を作ってみるのもいいですね!

年齢に合わせた説明をしていけばお子さんも興味を持ち、
より節分の行事を楽しく過ごせる事でしょう。

スポンサーリンク