千鳥ヶ淵の桜の見頃はいつ?2019年版花見コースや混雑状況をご紹介!

都内の観光名所の一つでもある皇居。
その周りに巡らされたお堀は「千鳥ヶ淵」とよばれています。

この千鳥ヶ淵周囲には桜の木があり、春になるとお花見スポットとしても人気なエリアです。

毎年桜の開花時期には「千代田のさくらまつり」が開かれ、ライトアップなども楽しめるんです。

また皇居周辺はランニングコースとしても有名ですから、
桜の開花に合わせて走りに行くのも素敵ですね。

今回は千鳥ヶ淵の桜とさくらまつりについて、詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク

いつごろがいい?千鳥ヶ淵の桜はいつが見頃?3月下旬がおすすめの理由

皇居には常に人が集まっていますが、
特に春先の千鳥ヶ淵周辺は桜を目当てに訪れる人で混雑しています。

平日なら日中はそこまででもないですが、満開を迎える頃は夕方以降になると会社帰りに立ち寄る方も増え、少々混みあいます。

となると、満開の時期の週末は大混雑が予想されますね。例年もれなく人混みができているようです。

ですが時期を考えて見に行くと、千鳥ヶ淵でも桜が見やすい時があります。

人混みを避け桜を見るなら、タイミングは3月下旬頃がオススメです。

理由にはこういったことが挙げられます。

  • 例年開花が始まってすぐの時期にあたる
  • まだ開花して間もないので、人だかりが少ない
  • その年によって変わるが、ぼちぼち桜が咲いている

TVのニュースでも毎年開花予想や開花宣言がされていますが、この後にはたくさんの人が桜の名所に押し寄せます。

ですが意外に、開花宣言前にも桜が結構咲いている年ってありませんか?

特に暖冬だった場合、3月下旬でも六~七分咲きの桜が見られることがあります。この時が狙い目です。

会社や学生さんたちにとっても「お花見企画=4月以降」となりますから、お花見客も少ないです。

満開の桜は楽しめないかもしれませんが、ぽつぽつ咲き始めた桜で春の訪れを楽しむには、3月下旬の千鳥ヶ淵はもってこいなんですよ。

そもそも千鳥ヶ淵のさくらまつりっていつから開催される?

千鳥ヶ淵で開かれる「千代田のさくらまつり」は、
例年大体3月最後の金曜日~4月最初の土日まで開かれます。

開花時期の前後によってズレる可能性もありますので、事前に確認しておくと良いですね。

千代田のさくらまつりでは、何が行われるのかといいますと、

  • 千鳥ヶ淵緑道の桜のライトアップ
  • 千鳥ヶ淵ボート場の夜間営業
  • 無料周遊バスの各種運行
  • 商店街主催のイベント
などが挙げられます。

ただし、やはり皇居の周りという事もありますから、千鳥ヶ淵周辺での屋台営業は禁止されているようです。

ザ・お祭りではなく大人のお花見を楽しみたい方には、千鳥ヶ淵はぴったりのお花見スポットといえるでしょう。

オリジナルグッズも販売!

千代田のさくらまつりの期間中、販売場所が限定されているオリジナルグッズが実はあるんです。

販売所は、九段坂さくら観光案内所と半蔵門さくら観光案内所の二か所のみです。

2019年度のグッズはまだ公開されていませんが、前年度の商品をみると中々素敵なものばかりです。

さくらまつりのお土産としてご自宅用にも良いですし、近々お呼ばれがある方も、手土産に丁度いいものが揃っています。

昨年販売されていたグッズの一例をご紹介しておきますね。

  • お濠のさくらストラップ:老朽化し伐採された桜の木を使用し作られたストラップ。大小あり
  • 入浴剤:和風のお洒落なパッケージに入った入浴剤。ちょっとしたプレゼントにもピッタリ
  • さくら餡のどら焼き:桜の花の塩漬けが添えられた、春を感じるお菓子
参考:その他2018年の桜グッズ一覧:http://kanko-chiyoda.jp/tabid/1111/Default.aspx

予約不可!千鳥ヶ淵の桜と言えば花見!ボート混雑と空いている時間帯は?

千代田のさくらまつりでは、先ほどもお伝えしましたがボートに乗って桜を眺めることもできます。

30分間~1時間、のんびりと水上で過ごせるので、お花見としては最高の場所ともいえます。

お花見シーズン以外でも乗ることはできますが、水上から桜を楽しむという特別な体験ができるのはこの時期だけです。

ですがこのボート、予約制ではないためお花見シーズンは大行列になります。

平日でも2時間以上、土日は3時間以上待つこともざらにあるそうですよ。

お花見ボートに乗るのであれば、

  • 朝一で並ぶ
  • 平日早い時間に行ってみる
  • 土日は避ける
といった工夫が必要になります。

先に乗船券を買い求めてから並ぶので、あまりに人が多くなると乗船規制がかかり、場合によってはチケットすら買えない状況になることも。

常に混んでいるので、ぜひ乗りたいという場合には、乗船可能時間より少し前に到着していることをお勧めします。

しかしながらその日のお客さん次第なので、早めに行っても並ぶ可能性は十分ありますので悪しからず。

基本利用情報

千鳥ヶ淵ボート上の利用情報を載せておきますね。

  • 営業時間(通常):11時~4時30分(日によって変わります)
  • 営業時間(さくらまつり中):9時~20時30分
  • チケット購入可能時間:9時~20時00分
  • 乗船料金:30分800円、1時間1600円

さくらまつり中は9時~20時30分までと、通常営業よりも大分長く利用可能です。

ですが天候によって、営業が中止となる時もありますので、雨が降りそうな日は注意してください。

しかしそれでも日中~夜にかけて行列が絶えることはほぼないそうですよ。時間に余裕のある方向きかもしれませんね。

やっぱり素敵!千鳥ヶ淵桜のライトアップ!見頃や2019年のスケジュールは?

千鳥ヶ淵縁道に並ぶ桜の木々は、さくらまつり期間中ライトアップされます。

夜桜のライトアップはどこで見ても綺麗ですが、千鳥ヶ淵では水面に光が反射し、それがまた素敵な演出をしてくれるんです。

毎年おおよそ3月下旬~4月の初めまでライトアップはされていますが、2019年はどうなるでしょうか。

気になるところかと思いますが….開花予想は2019年3月1日に公開されるので、現時点では詳細をお伝えすることができません!

また開花状況に合わせてライトアップのスケジュールも調整されますので、詳しくは3月まで待たないといけないんです。

以下に公式情報のページリンクを載せておきますので、随時確認されてみてください。

目安ですが、2018年は暖かかったので、千鳥ヶ淵縁道の桜は3月25日頃に満開になっていました。

ライトアップは、見頃を少し過ぎた4月4日まで続いていましたよ。

参考:千代田観光協会:http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1116/Default.aspx

時間帯に要注意!千鳥ヶ淵の花見後はどこも混雑!

さて、桜の花を眺めるのももちろん楽しいですが、お腹にとっては「花より団子」。散策後やボートを漕いで疲れたら、お腹も空いてしまいますよね。

先程お伝えしましたが、千鳥ヶ淵周辺には屋台が出店できないので、お花見中に食べ歩きがしにくい場所でもあります。

また、桜の咲くころは目につくお店はどこも混雑が予想されます。特にお昼はお腹が空く時間が被りますので、11時30分~13時頃はピークを迎えます。

もし千鳥ヶ淵周りでお昼をとるのなら、お店がオープンする時間に行くか、14時以降に遅めのランチにすると良いでしょう。

また、あらかじめ行きたいお店を調べて予約しておくと確実ですね。

予約必須!千鳥ヶ淵の桜を見ながら頂けるランチ特集!

「せっかくなら桜が見えるお店で食事したい!」という思いはみなさんお持ちでしょう。

ですが良い景色の見えるお店は、やはり当日は並んでしまうもの。場合によってはお断りされてしまうこともあります。

お花見シーズンに景色を楽しみながら食事をするのであれば、やはり予約をしておいた方が良いでしょう。

こちらでいくつかお店を紹介いたしますが、千鳥ヶ淵の桜が臨める立地であるため、早めのお席確保がお勧めですよ。

半蔵門駅からすぐ! フレンチ アルゴ

眼下に広がる桜を眺めながら食事ができるなんて、素敵じゃないですか?

アルゴさんは半蔵門駅目の前という、アクセスも良好なお店です。

皇居沿いに立つビルなので、窓越しに千鳥ヶ淵の桜も見え、贅沢な気分でお食事ができます。

ランチは3千円前後で楽しめますよ。

参考:ARGO:http://www.tojo.co.jp/restaurant-argo/

全面ガラス張りで景色抜群! 和田倉噴水公園レストラン

皇居からすぐの公園内にあるお店です。桜の季節には、ガラス張りの窓からお花見をしながら食事ができちゃいます。

スポンサーリンク

ランチはビュッフェ形式なので、色んなお料理を少しずつ食べたい方にもオススメです。

こちらもランチは3千円程前後で楽しめますよ。

参考:和田倉噴水公園レストラン:http://www.w-funsuikouen-r.com/

窓越しには桜並木! レストラン フォッセ

千鳥ヶ淵の桜並木をガラス越しに見渡せるお店。市ヶ谷駅からもすぐの場所にあり、アクセスも便利です。

ランチは千円台~と、お手頃に楽しめるのも魅力の一つですよ。

参考:FOSSE:http://www.arcadia-jp.org/restaurant_fosse.htm

千鳥ヶ淵で花見をするなら駐車場確保に気をつけよう!

都内からはアクセス良好な場所である皇居ですが、遠方からお花見に来られる方も多いでしょう。

また家族連れで出かけるとなると、公共機関よりも車を利用した方が行きやすいですよね。

そうなると事前にチェックしておきたいのが、駐車場情報ではないでしょうか。

車で遊びに行く際普段からネックなポイントですが、お花見シーズンはさらに混雑することを見込んで情報を得ておきたいところですね。

千鳥ヶ淵周辺の駐車場情報についてまとめましたので、お出かけ前には要チェックですよ。

北の丸公園駐車場は大混雑!?

皇居の駐車場といえば、北の丸公園駐車場を思い浮かべる方も多いでしょう。

皇居周辺にある駐車場の中で、確かに最安で駐車できるのはここになります。

しかしやはりみなさん考えることは同じ。長時間停めても料金が安いとあって、お花見シーズンの北の丸公園駐車場は大混雑します。
入場制限がかけられたりするそうなので、開場一番乗りの勢いで来ないといけないと思います。

参考に駐車台数と料金を載せておきますが、以降で紹介する駐車場の方が利用しやすいかもしれません。

  • 北の丸公園第一駐車場:145台
  • 北の丸公園第二駐車場:107台
  • 北の丸公園第三駐車場:260台
  • 利用料金:3時間まで400円(普通車の場合、以降1時間ごとに100円ずつ加算)
参考http://fng.or.jp/koukyo/service/parking-kitanomaru.html

参考北の丸公園の駐車場はどのくらい混雑する?注意すべきポイント!

ダイアモンドホテル

皇居周辺で次にお得な駐車場があるのがダイアモンドホテル。
機械式駐車場になっていて、ホテル利用者でなくても駐車大丈夫とのこと。

ただし普通車のみ利用可能で、駐車可能台数は41台となっています。

中規模な駐車場ですが、ホテル利用者の方も停められていますから、駐車できる場所はもう少し限られると考えると良いでしょう。

  • 駐車可能台数:41台
  • 利用料金:30分ごとに400円(1日最大1900円)
  • 注意点:普通車のみ利用可能
参考http://www.diamond-hotel.co.jp/pop/info_parking.html

リパーク一番町 第四駐車場

24時間営業の、一般的なコインパーキング。しかし、日曜と祝日のみお安く停めることができるんです。

この両日のみ1日最大料金が2800円で、長時間停めても安心なお値段になっています。

台数が14台なので、穴場ですがお早めに。

  • 駐車可能台数:14台
  • 利用料金(通常):20分ごとに500円(22時~翌8時まで、30分ごとに100円)
  • 利用料金(日・祝のみ):8時~22時以内、1日最大2800円
参考https://www.repark.jp/parking_user/time/result/detail/?park=REP0016586

大栄パーク半蔵門

ハイル―フ車も駐車可能な、地下自走式駐車場です。
短時間の駐車にはオススメできませんが、長時間停めるとお得になります。

また、休日料金の方がお安いという特徴があり、
平日なら最大3300円前後ですが、休日は最大2500円前後なんです。

台数も30台と中規模の駐車場で、空いている可能性が高いかと思います。

  • 駐車可能台数:30台
  • 利用料金(平日):1日最大3300円~(階によって異なる)
  • 利用料金(休日):1日最大2500円~(階によって異なる)
参考http://www.daiei-re.jp/parking/parking_list.php?type=HOUR&place=13&city_cd=13101

交通規制も?千鳥ヶ淵花見期間の規制について

お花見シーズンに多くの方が車を利用するとなると、大変な渋滞になりますね。

できるだけ公共機関の利用を促しているそうですが、やはり交通規制がかかることもあるそうです。

規制のかかる道路はここ、ということはできないので、車でお花見の際は千代田区の交通情報を事前に確認されると良いでしょう。

また車だけでなく、歩道も一方通行になる場所もあるので、散策時は注意してくださいね。

参考:千代田区 道路・交通情報:https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kotsu/index.html

今年も千鳥ヶ淵ではさくらまつり開催!皇居ランにおすすめルートとアクセス

冒頭でも触れましたが、皇居周辺は普段ランニングコースとして利用されている方も多いでしょう。

こちらではお花見皇居ランにぴったりなルートとアクセス方法について紹介したいと思います。

…しかしその前に、いくつか注意事項を見ておきましょう。

日常的に走っている方はご存知かもしれませんが、お花見がてら皇居ランデビューをしようとしている方はぜひ確認しておいてほしいポイントです。

千代田さくらまつり開催期間中は、多くの方がお花見に訪れますから、以下の注意点を守ってランニングするようにしてください。

  • 歩道は歩行者優先で
  • 歩道で急に立ち止まらない
  • 数人で走る場合、一列になって走る(前に他の方が走っている場合は、寄っている側を揃える)
  • タイムを気にして早く走らない
  • 走っている際、音楽はボリュームを落として周囲にも注意を向けられるように気をつける

あくまで歩行者優先ということを忘れずに、皇居ランを楽しむようにしましょう。

当日ランはやめた方がいい?千鳥ヶ淵のさくらまつり時のアクセス状況は?

皇居周辺のランニング、走るのが好きな方にはもってこいの場所ですよね。

都会の中で自然を楽しめるうえ、整備された道があるなんて中々ないと思います。

普段であれば、土日祝日を含め皇居周辺は走りやすい場所ですが、お花見シーズンは人混みが多くなります。

きちんと走れない、というほどではないですが、タイムを意識して走りたい方は時期をずらした方が良いでしょう。

ゆったりしたペースでも大丈夫ということであれば、さくらまつり中のランニングは問題ないですよ。

あくまでも歩行者の方優先で、周りに気をつけて走ってくださいね。

こちらにランニングをする際のマナーなどが詳しく載っていますので、皇居ランが初めての方はぜひチェックしてみてください。

参考:皇居ランナビ:http://www.kokyorun-navi.com/topics/%E3%81%8A%E8%8A%B1%E8%A6%8B%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%8C%E3%81%91/

キレイな桜が見たい!千鳥ヶ淵花見コースでランをするには?

桜を満喫しながら走るのであれば、こういったコースはいかがでしょう。

千代田区公式の、桜並木道をぐるっと一周できる道が載ったマップです。

お手洗い情報もあるので、初めての方にも分かりやすい、優しい地図になっています。

花のみちマップ

手ぶらでランニングはできるの?

実は皇居周辺は、手ぶらでもランニングできるんです!

お花見だけしに来た方でも、そのまま皇居ランすることができる方法があります。

手ぶらで皇居ランすることが叶う場所が、アディダス公式のランニングステーション

皇居のすぐ目の前に位置するこちらのランニングステーション、走るために必要なウェアやシューズ、シャワースペースまで完備されているんです。

レンタル等はもちろん有料ですが、シャワーも含め大変リーズナブルに利用できます。

お花見中にふと思い立っても、こちらに行けばすぐに皇居ランに出かけられますよ。ぜひ立ち寄ってみてください。

参考:adidas RUNBASE:https://shop.adidas.jp/running/community/runbase/

まとめ

今回は千鳥ヶ淵の桜を楽しむにあたっての情報もりだくさんでお届けいたしました。

桜の開花目安から千代田さくらまつりについて、また混雑状況もまとめておきましたので、千鳥ヶ淵縁道散策に中々お役に立つのではないでしょうか。

周辺でランチする際の素敵なお店も紹介してありますし、ぜひ参考になさってください。

お花見皇居ランを検討されている方にも便利な情報をお話しましたね。これでもう千鳥ヶ淵のお花見通といっても過言ではないのではないでしょうか??

千鳥ヶ淵の眺めと桜を、みなさんどうぞ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク