お正月の飾り付けの意味とは?玄関に飾る上でのポイントを確認!

年末に大掃除を終えて、玄関には大きめの注連飾り(しめかざり)…。
注連飾りを付けると、いよいよお正月が近づいたと感じませんか?

ですが、アパートなどでひとり暮らしをする学生さんや若い方には、
注連飾りやお正月飾りなどピンと来ないかもしれません。
売っているのを見たことはあっても、
自分には関係ないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スポンサーリンク

お正月の飾りの意味と種類とは?

お正月飾りのそもそもの謂れとはどういうものでしょう?

住んでいる家の内外を清め、
年神様をお迎えして災いを家の中に入れないようにするものだそうです。
お正月の縁起物を含めて、何種類か挙げてみましょう。

・門松(松飾り)
・玉飾り
・餅花
・神棚飾り
・鏡餅
・羽子板
・破魔矢
などなど…。
子供の頃遊んだ羽根つきで使う羽子板も、実はお正月飾りの一部だったんですね。

お正月飾りで見た目の可愛いものといいますと、餅花などでしょうか。
榎(えのき)・柳(やなぎ)の枝などにカラフルな餅や団子を刺して飾るものです。
西日本では餅や団子ですが、
東の方だと米粉にカラフルな色をつけて丸めた繭玉が飾られます。

神棚は新しい注連縄(しめなわ)などに取り換えて、新年を迎える準備をします。
神社で見かける注連縄は、
神様がいらっしゃる場所と、私たちが暮らすところを仕切る結界の意味があるそうです。

注連縄にはたくさんの種類があります。
神道、神社、天照大神(あまてらすおおみかみ)の神話などにまつわる話もたくさんありますので、
興味がある方は調べてみるのも楽しいかもしれません。

玄関に飾る飾りはお正月の顔!いつからいつまで飾るべき?

家の門に立派な門松を置いて、玄関には大きな注連飾りを飾れば、ずいぶんと目立つでしょうね。

門松は門の両側にひとつずつ。
注連飾りはダイダイの実やユズリハ、ウラジロの葉、七福神に海老の頭など家内安全フルコースはどうでしょうか。

スポンサーリンク

門松や注連飾りは、年神様の通り道、依り代(神霊が寄り付く対象物)です。
お招きして、鏡餅に迎え入れるのです。

お正月飾りを飾る正しい時期をご存知ですか?

12月13日から28日の間に飾り始め、松の内に片づけるのが決まった時期と言われています。
松の内とは、関西では元日から1月15日まで、関東では7日までが一般的です。

注意反対に飾らないほうがいい日もあります。
29日は『にじゅうく=二重苦』、31日は一夜飾りで年神様失礼にあたる…といった理由で縁起が悪いと言われます。

というわけで、目いっぱいの期間だと12月13日から1月15日まで…門は門松、
玄関には注連飾りがおめでたいお飾りなのです。

もしも雪が降ったら、雪の白にカラフルな色合いの餅花、門松と注連飾り…。
写真に撮ってSNSにアップし、フォロワーさんたちとも新年をお祝いしたいですね。
(SNSを)見かけた外国人の方も日本の伝統的な文化を楽しんでくれるのではないでしょうか。

八百万(やおよろず)の神がいて、家には仏壇・神棚。
ハロウィンやクリスマスも楽しみ、お正月は神社に初詣……。
外国の人たちからみると、日本は摩訶不思議な国なのかもしれません。

まとめ

お正月飾りと言えば、知っていますか?
昔は自動車にも注連飾りを付けていたんですよ。

最近はごく簡易的なものが増えたので、
「どこにどうやって付けるの?」
と驚かれる方も少なくないかもしれません。

中高年層なら知ってる方もいらっしゃるかもしれないので、
機会があったらご家族でそんな話をしてみて下さい。
もし車用の注連飾りが手に入って付けていたら目立つかもしれませんね。

お正月松の内も過ぎてお飾りを外したら、
神社の“どんど焼き”に持って行って焼いてもらい、年神様を天へとお送りします。

松の内なんて意識したことない…
どんど焼きっていつなの?…
絶対にしなきゃいけないの?

まぁ、簡単に言ってしまえばゴミなので、神経質にならなくても良いと言えば良いんです。
各地区のゴミの分別に沿って分別…。
塩で清めた新聞紙等に包んで捨てる…なんて話もあるようです。

考え方は人それぞれですが、せっかく年神様と新年を迎えるために飾ったお飾り。
どんど焼きでなくても、何かの折に神社に持って行って、
お守りなどを焼くところで一緒に焼いてもらうのが、良いのでは…と私は思います。
(神社によって様々なので、聞いてみてください)

スポンサーリンク