お宮参りのお金は封筒にイン!親と一緒の場合は誰が出す?

毎日、赤ちゃんのお世話で忙しいパパとママ。
ミルクをあげたり、おむつを替えたりと、慣れないことで大変でしょう。

日に日に、大きくなる赤ちゃん、可愛いですよね。
赤ちゃんが生まれたら、お祝い行事がたくさんあります。

お宮参りは、その中でも代表的な行事でしょう。
お宮参りは、赤ちゃんの生後1か月頃を目安に行います。

土地の守り神に赤ちゃんの誕生を感謝し、健康と成長を願うのです。

お宮参りでは、どのような準備をすればいいのでしょうか。
気になるのは、やはりお金ですよね。

祈祷料や赤ちゃんの衣装、写真代…どれくらいお金がかかるのでしょうか。

神社に祈祷料を渡す時、封筒に入れたらよいのかしら。

お宮参りの基本からお金事情まで、ご説明します。

スポンサーリンク

お宮参りのお金は誰が出す?親?祖父母?

お宮参りのお金は、誰が出すのでしょうか。
できれば、パパとママがお金の準備をしておきたいですよね。

最近は、実家の両親が、お金を負担してくれるケースも多いようですね。
お宮参りの基本とお金について、確認しておきましょう。

お宮参りとは

お宮参りとは、土地の守り神に、赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う風習のこと。

赤ちゃんが生まれてから1か月後を目安におこないます。

但し、赤ちゃんやママの体調、季節を考慮して、時期を変更することもあります。

お宮参りの流れ

お宮参りでは、赤ちゃんを含めた家族が、神社にお参りし、祈祷してもらいます。

お宮参りに参加する方は、赤ちゃん、両親、両家の祖父母が一般的です。

参加者については、お住いの都合などもあるので、親族間で相談しておきましょう。

祈祷の後、会食をしたり、記念撮影をしたりするようです。

お宮参りは、地域によって、様々です。

家族内で、時期や服装、マナーや会食の有無など、相談して下さいね。

お宮参りのお金事情

お宮参りには、いくらぐらいお金がかかるのでしょうか。

初穂料(玉串料)

神社に支払う祈祷料のこと。
祈祷やお祓いを受けて祝詞をあげてもらうために、神社に渡します。

5000円から1万円が目安になります。

但し、神社によって料金が異なる場合があります。
事前に、社務所へ確認しておきましょう。

初穂料は、白封筒か祝儀袋に入れて、神社へ渡して下さい。

封筒の表面の上段に、「御初穂料」もしくは「御玉串料」と書きます。
下段には、赤ちゃんの姓名を書いておきましょう。

赤ちゃんの祝い着

赤ちゃんの祝い着は、どのような衣装を用意するのでしょうか。

ベビードレスや着物が一般的なようです。

和装の場合、白羽二重の着物の上に、紋付の祝い着を掛けるスタイルが正式です。
洋装の場合は、ベビードレスの上に、ケープを掛けるスタイルになります。

スポンサーリンク

かつては、「祝い着は母方の祖父母が用意するもの」とされていました。
現在は、レンタルを利用したり、両家で費用負担を相談したりしているようです。
祝い着の値段も、数万円から数千円と、幅があります。

私は、通信販売で数千円のベビードレスを用意しました。
祝い着をレンタルする場合、写真館のプランを利用する方も多いようです。
記念撮影と祝い着のレンタルがセットになっているので、お得かもしれませんね。

記念撮影や会食

記念撮影や会食をすると、お宮参り全体のお金は高くなります。

記念撮影の場合は、3万円前後、必要なようです。

スタジオ撮影か出張撮影かで、料金も変わるので、確認しておきましょう。

会食の場合は、3000円から5000円位の料理が一般的なようです。
料理代を節約したい方は、自宅でお祝いしてはどうでしょうか。
私は、お寿司や料理をお取り寄せして、自宅でお祝いしました。

せっかくだから甘えよう!お宮参りのお金を親が出してくれるパターン!

お宮参りでは、何かとお金が必要になりますよね。
いろいろと出費が必要なパパとママにとっては、悩むところです。
実家の両親に、お金の相談って、できるのでしょうか。

お金を相談する時の心構え

実家の両親にお金の援助をお願いする場合、素直に実情を伝えましょう。
経済的に厳しいのであれば、どう厳しいのか具体的に相談して下さいね。

お宮参りのどのような場面で、援助してほしいのか考えておきましょう。
初穂料、衣装代、撮影代、会食代とあります。
あるいは、実家でお宮参りをする場合は、交通費も必要かもしれません。

パパもママも、お金をもらって当然と思わず、節度を持って相談しましょう。
実家の両親にとって、孫の誕生は、たいへん嬉しいことです。
すでに、お祝い金を用意している場合もあるかもしれません。
但し、過度な期待をしないように、気をつかって下さいね。

親に甘えるには気配りが大切

日頃から、実家の両親と、コミュニケーションを取っておきましょう。
親子の間であっても、人間関係は大切です。
親子関係が良好であれば、お宮参りの相談もしやすく、甘えやすいでしょう。

実家の両親も「かわいい孫のために」とお金を出してくれるかもしれません。
赤ちゃんの様子を報告するだけでも、実家の両親は喜んでくれるでしょう。
報告する時は、パパも活躍して下さいね。
ママは、産後の疲れや授乳、赤ちゃんの夜泣きで、体調も不安定です。
パパの活躍で、ママも赤ちゃんも安心です。

パパからも報告があれば、実家の両親も安心してくれることでしょう。
自分の都合だけで、相談したり、甘えたりすることは控えて下さいね。

まとめ

お宮参りの主役は、赤ちゃんです。
家族みんなで、赤ちゃんの健康と成長を願って、お祝いして下さい。
しきたりや作法も大切ですが、赤ちゃんとママの体調を最優先にしてあげましょう。

赤ちゃんの誕生はうれしいものですが、何かと出費が増えますよね。
これから、赤ちゃんもすくすくと成長していきますよ。
未来への投資と考えて、赤ちゃんとの生活を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク