沖縄のさとうきび畑の収穫時期は?観光場所と食べる時の注意点

甘くておいしいさとうきびは冬が収穫時期でピークは1~3月です。

ちなみに沖縄のどこにでもある訳ではありません。
さとうきびを目当てにするなら読谷村や医伊平屋島、宮古島がおすすめです。

ここではさとうきびの収穫時期や観光地、そして食べる際の注意点を紹介しています。

スポンサーリンク

おすすめはココ!沖縄でさとうきび畑を堪能したい方必見の観光地

沖縄旅行というと、那覇空港で降りて那覇市のホテルに宿泊。
こんなコースが一般的ではないでしょうか?

ですが、さとうきびを収穫する、または採れたてを食べたい!
そんな方は、本島なら読谷村、離島なら伊平屋島か宮古島がオススメです。

宮古島は少し遠いものの、トラック一杯のさとうきびが製糖工場へ向かうのは圧巻!
本島では見られない光景です。
また、宮古島は本島よりものんびりとした風土。
宴会でお酒を回し飲みして親睦を深めるオトーリや、パーントゥなど。
独特のお祭りが開催されるといった、独自の文化を築いています。

沖縄の雰囲気を楽しみながら、より深い文化に触れたいなら宮古島がおすすめです。
宮古島へは、那覇空港から降りて再度乗り換えで行くのが一般的。
飛行機でおおよそ1時間程度、距離にすれば300kmほどです。

さとうきびの収穫時期は1~3月。
その時期に合わせて観光するとより多くのさとうきび収穫が楽しめます。

収穫体験はオノやカマを使って手作業で行いますが、実は機械化も進んでいます。

単に収穫を楽しむだけではなく、様々なプランも用意されていますよ。
収穫したさとうきびをそのまま食べたり、ジュースにしたりすることも。
黒糖を作れるプランもあるので、お土産として持って帰りたい方にもぴったりです。

ここでしか感じられない、独特で温かな雰囲気を堪能しながらさとうきび収穫!
冬の寒い時期ですが、心がポカポカしそうです。

スポンサーリンク

沖縄県民は本当にさとうきびを食べるのか?大半の人が食べた事無し

今まで、さとうきびを食べたことってありますか?
さとうきびの存在を知ってはいても詳しいことってあまり知る機会がありませんよね。
実際に私も、さとうきびは加工しないと食べる事ができないと思っていました。

本州はもちろん、沖縄の若い世代もさとうきびは加工品と思っていることが多いとか。
近くにさとうきび畑のある学校は、社会見学などで収穫や工場を見ることもあります。
ですが、都市部になるとそんな体験をする機会はありません。

沖縄における、お盆のレギュラーであるさとうきび。
それをただの飾りと思ったまま大人になってしまったというケースもあります。
データによると、さとうきびを食べたことのある人は半数ほど。
食べたといっても、子どもの頃に数回食べた程度が大半です。

「口に繊維が入ってしまう」
「思ったよりもおいしくなかった」

そんな理由で、さとうきびを頻繁に食べる人は、あまりいません。
ですが、さとうきびは健康に良い食べ物!
身近にあるのに、味や風味も分からないなんて、もったいないです!

沖縄では、旧盆が近づくとスーパーや商店でお供え用のさとうきびが販売されます。
さとうきびという製品に関しての認知度は高いようですね。
ただ、黒糖の材料だと知っていても、白糖の材料になっていることは知らない方も。

さとうきびがあまりにも身近なので、関心が沸かないのかもしれませんね。

まとめ

暑い季節のイメージがあるさとうきびですが、収穫時期は1~3月の寒い時期がピーク。
収穫場所、観光地としておすすめなのは宮古島です。

沖縄の風土に加え、ちょっと変わった雰囲気を味わうこともできますよ。
那覇空港からは飛行機で1時間程度。本島よりもゆったりとした雰囲気です。

沖縄県民の多くはあまりさとうきびを食べたことが無いという驚きのデータもあります。
これを機会に、さとうきびに触れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク