入学祝いは何がいい?小学校に通う友達の子にあげる品は?

友人のお子さんが小学校にあがることになった。
そんなとき、入学祝いとして何をプレゼントするのが良いのでしょうか?

現金やギフト券も良いですが、図書カードだと自分の好きな本を読めますね。
本を読むことで知識が増えるので、情操教育としてもオススメです。

ここでは、友人のお子さんに渡す入学祝いについて説明しています。

スポンサーリンク

近しいなら入学祝いは渡すべき!相場と友人への気遣いについて!

友人の子どもが小学生にあがることになったけど、何かお祝いを送るべき?
でも自分は独身、まだ子どもがいない場合は渡すのがマナーなのか分からない。

結論から言えば、親族では無い友人に入学祝いを渡すのは必須ではありません。

しかし渡したいと思うのも当然で、近しい友人なら尚のことです。
自分にも同じくらいの歳の子どもがいれば、友人も気を使わずにお祝いを頂けます。
ただ、独身だったり、まだ子どもを作りたいと思っていないとき。
この場合は、友人の方が気を使ってしまうケースもあります。

こういったときは、親族が渡すような高価な物では避けると良いでしょう。
もらえると嬉しい、気の利いたプレゼントがベストです。

一般的に、友人の子どもへの入学祝いの相場は2000~3000円程度がベター。
それ以上になると、相手に気を使わせてしまいます。
渡す物は、自分達ではあまり買わないけど、あると便利な物がオススメです。
例えば、名前シールを作れる機械やレッスンバッグ。
図書カードにちょっと高級なスイーツなど。
このあたりなら、相手に気を使わせずに喜んでもらえます。

他にも、子どもが好きなキャラクターのタオルなど。
こうした日常でも使える物なら、もらった側も扱いに困ることはありません。

渡すときは、事前にその旨を伝えてサラッと渡すと良いでしょう。
物を渡すという行為はどうしても見返りを求めてしまいがち。
ただ、金額も金額なので「お返しを貰えたらラッキー」程度に思うのがベストです。

スポンサーリンク

小学校入学祝いには図書カードがぴったり!相場や渡すタイミング!

もらえると嬉しい入学祝いについてアンケート調査をしたデータがあります。
これによると、図書カードが上位にランクイン!

本は娯楽にもなり、情操教育や知的好奇心を育むものでもあります。
子どもが自分で好きな本を選べるので、子どもにとっても嬉しいプレゼントです。

さて、この図書カードですが、一体どこで手に入るのかご存知でしょうか?

図書カードは、本屋ではもちろん、ネット通販でも購入することができます。
1枚からでもOKなので、気軽に購入できるのも嬉しいところ。
金券ショップなどでも購入はできますが、正規の販売元ではありません。
お祝いとして渡す物なので、やはり正規の購入元が良いでしょう。

続いて、どの程度の金額分を購入すれば良いのかという点。
こちらは、おおよその相場は3000円ほどです。
図鑑や専門書はやや高額なので、それにも対応できる金額が喜ばれます。

渡すタイミングは、入学式の1週間ほど前がオススメです。
ただし、家庭によっては親族とのお祝いなどが集中していることも。
できる限り早めに連絡してアポを取ると、バタバタとせずにすみますね。

ラッピングをして、お祝いの言葉と一緒に子どもへ直接渡すのが良いでしょう。
自分をお祝いしてくれたという印象が付き、感謝の気持ちを育む一歩にもなります。

入学直前は、これから始まる学校生活という、不安と楽しみが入り混じった時期。
お祝いしてあげることで、不安も少しは解消されるのではないでしょうか。。

まとめ

友人の子どもの入学祝いは自分の気持ち次第です。

贈る、贈らないという線引きはありません。
ですが、大切な友人の子どもや、近しい友人の場合。
そのときは、お祝いしてあげた方がお互いの心情も良いとも言えるでしょう。

プレゼントは2000~3000円程度の気軽なギフトがベター。
これから多くのことを吸収していく子どものためにも、図書カードがおすすめです。

スポンサーリンク