入学祝いのお返しと熨斗はどれがいい?のし袋の書き方も解説!

入学祝いを頂いたので、そのお返しを渡したい!
のし袋の書き方や、可愛らしいアイテムランキングから選びたい!

のし袋の書き方のマナーについてご存知でしょうか?
実は、関西、関東でマナーが違うこともあります!

恥をかかないためにも、ここでしっかりとのし袋について勉強しておきましょう!

スポンサーリンク

関西と関東で違う?入学祝いののし袋の書き方とマナー!

入学祝いを頂いたら、後日にお返しを渡すのが大人のマナーです。
でも、よかれと思ってやったことが実はマナー違反だったということはありませんか?
特に関西、関東など。出身地によってマナーが異なるケースもあります。

ちなみに、入学祝いやお返しについては関東、関西どちらも厳密なマナーはありません。
ですが、よく失敗しやすいのが水引です。

例えば結婚式。
何度もあると良くないということで、水引は外すことのできない結びになっています。
ですが、入学祝いは何度あっても問題無いお祝いです。
この場合は蝶結びなど、ほどくことができる水引がベストと言えるでしょう。

また、のしの書き方についてもどちらの地域も大差ありません。
水引から上に入学祝いと書きます。
今回は小学校の入学祝いがターゲットなので入学祝いとしています。
ですがもちろん、幼稚園の場合は入園祝いとしましょう。

水引よりも下に、自分の名前をフルネームで書きます。
世帯からのお祝い返しであれば世帯主の名前を真ん中に書きましょう。
その横に配偶者の名前を書きます。

サインペンでも良いのですが、できれば筆ペンや毛筆で書くのがベストです。
達筆でなくても、できるだけキレイに心を込めて書くよう意識しましょう。

のし袋に中袋がついている場合は、中袋の表にいくら入っているのかを記入します。
アラビア数字では無く「金壱万円也」といった漢数字で書くのがマナーです。
裏面には、住所と氏名を記入します。中袋に関してはサインペンでも問題ありません。

スポンサーリンク

入学祝いののし袋人気ランキング!かわいい袋と書き方を公開!

スタンダードなタイプも良いけど、できれば可愛いデザインののし袋がいい!
でも、のし袋ってどんなデザインが人気なのでしょうか?

イラストやデザインは個人個人で好みに差があります。
ですが、やはり人気のデザインは、桜のモチーフがついているのし袋。
入学祝いにふさわしく、ピンク色でふんわりしたデザインも多いです。
ハズレのないデザインと言えるのではないでしょうか。

小学校の入学祝いであれば、ランドセルのモチーフがついているタイプも人気です。
他にも制服モチーフや和紙など。
ポップなデザインがほどこしてあるのし袋が上位にランクインしています。

価格帯も200~2000円程度と、それほど高額ではありません。
のし袋にもこだわりたい! と思う方におすすめです。

ただ、デザインタイプののし袋は、どこに名前を書けばいいのか分かりにくいことも。
このタイプは、本来名前やメッセージを書く場所にもデザインがあることもあります。
こうしたデザインが多くちりばめられているのし袋は、基本的に中袋がついています。
その中袋の裏に自分の名前を書きましょう。

もし中袋が付いていない場合は、白封筒で代用するのもOKです。
中袋の表に金額を書くのがベターですが、必須ではありません。
カジュアルな雰囲気で渡すなら、名前もフルネームではなく下の名前だけでも大丈夫。

のし袋は、その形やお祝いのシーンで、様々な使い分けや書き分けができます。
それぞれのマナーを守って、お祝いしちゃいましょう。

まとめ

意外と知らない入学祝いのお返しですが、実はしっかりとマナーがあるんです。
ただ、地域によって異なるケースはあまりありません。
基本的な方法を知っていれば、恥をかいたりマナー違反と言われることは少ないです。

水引や使うペンの種類。
デザイン系ののし袋であれば中袋を用意しておきましょう。
記入する方法と基本を押さえていれば、マナー通りののし袋を用意できますよ。

スポンサーリンク