靖国神社のお花見情報2019年版!予約や場所取りの方法とは?

靖国神社の桜を見たことがありますか?

春の季節になると、靖国神社には約500本の桜が咲き誇る様子は圧巻。
毎年多くの花見客と参拝客が、桜を見に訪れます。

靖国神社は、明治天皇のご意向により、1869年に招魂社として創建されました。
靖国神社の近くには、桜の名所として有名な千鳥ヶ淵もありますよね。

確認千鳥ヶ淵の桜の見頃はいつ?2019年版花見コースや混雑状況をご紹介!

実は、靖国神社に桜の標本木があることをご存知でしたか。

3月下旬になれば、気象庁から桜の開花宣言が発表されますよね。
開花は、気象庁の職員が桜の標本木を目視で観察して行われます。
標本木が5~6輪咲いていれば、開花宣言が発表されるんですよ。

2019年の春、厳かな雰囲気の中で、花見をしてみませんか。

スポンサーリンク

靖国神社で花見をした後はレストランでグルメ!おすすめの予約スポット

靖国神社の花見の後はレストランで食事をしてはいかがでしょうか。
花見客で神社周辺も混雑しているので、レストランは予約しておくのがオススメ。

靖国神社周辺の飲食店を紹介しますね。

靖国神社周辺のグルメ情報

靖国神社内の食事処

靖国神社内にある食事処、茶寮「結(ゆい)」。
遊就館1階の玄関ホールにあります。

有名なのは、海軍割烹術のレシピを忠実に再現した「海軍カレー」。
もちろん、その他のメニューには喫茶や軽食もありますよ。

靖国神社周辺のグルメ

靖国神社の花見を楽しんだ後は、JR「飯田橋駅」周辺で食事をするのもオススメ。

JR「飯田橋駅」は、地下鉄が4路線も乗り入れている大きな乗換駅です。
駅周辺にはオフィスや教育機関があるため、社会人や学生も多くいます。
そのため、庶民的で入りやすい飲食店もありますよ。

飯田橋駅の近くの神楽坂あたりには、おしゃれな飲食店も多数あります。
カップルや若夫婦が食事をするのに、オススメのエリアです。

靖国神社の花見情報

靖国神社の花見情報について、確認しておきましょう。

桜の見ごろ

例年3月下旬から4月上旬が見ごろです。

桜の本数

ソメイヨシノを中心に約500本の桜があります。

参加人数

例年、約50万人の花見客と参拝客が訪れます。

花見関連のイベント

「千代田の桜まつり」や「夜桜能」(有料)が開催されています。
4月上旬には、「奉納大相撲」(入場無料)も行われますよ。

スポンサーリンク

「千代田桜まつり」の期間中は、夜桜を楽しむことができます。
外苑は22時まで桜をライトアップしているので、夜桜見物も良いのではないでしょうか。

靖国神社では、屋台の出店はありません。
屋台巡りを楽しみにしている方は注意して下さいね。

靖国神社のアクセス

最寄り駅は、都営地下鉄・東京メトロ「九段下駅」から徒歩5分。
JR「市ヶ谷駅」または「飯田橋駅」からは徒歩約10分のところにあります。

駐車場は、100台まで収容。
駐車料金は、30分で300円になります。

靖国神社の開園時間

靖国神社の内苑の開園時間は、6時~18時までになります。
ただし、外苑は24時間出入り自由です。

靖国神社の花見は場所取りOKだけどピンで留めちゃダメ?

花見の場所取りについて

靖国神社の花見で場所取りができるのは、外苑のみとなります。

靖国神社の外苑では、シートを敷いて花見をすることが可能です。
シートを敷くだけはOKですが、シートをピンで留めることは禁止されています。
花見の場所取りをする際には、気をつけましょう。

花見の楽しみ方

靖国神社の花見では、マナーを守って下さいね。

・ゴミをきちんと持ち帰ること。
・迷惑行為をしないこと。
・桜など植物を傷つけないこと。
当然のマナーばかりですが、花見客で混雑しているときこそ注意が必要です。
マナーを守りながら桜を楽しみましょう。

「千代田桜まつり」について

靖国神社では、例年「千代田桜まつり」が開催されています。
2018年の「千代田桜まつり」を紹介するので、参考にして下さい。

開催日時

※2018年3月29日~4月8日
10時~18時

夜のライトアップ

18時~22時頃まで、外苑でおこなわれます。
酒宴は禁止されています。

靖国神社の由来について

最後に、靖国神社の由来について確認しておきましょう。

靖国神社は、1869年に明治天皇のご意向により、招魂社として創建されました。
招魂社は、国家のために命を捧げた人々の御霊を祀り、その功績を後世に伝える社のこと。
1879年には、招魂社から靖国神社へと社号を改めています。

靖国神社の由来を知ることで、神社への理解を深めてみてください。

まとめ

ニュースでもよく取り上げられる靖国神社。

天皇家と関わりが深いことでも有名ですよね。
厳格なイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか。

にぎやかな花見も良いですが、厳かな雰囲気の中で、桜を鑑賞するのもおすすめです。
新たな時代が始まる2019年、靖国神社の花見へ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク