入学祝いの相場を公開! 孫が大学院に合格した場合の金額は?

お孫さんの入学式と言えばとてもおめでたいものですし、
大学となればこれからの人生を大きく左右します。

そんな中でお祝いを渡すのですが、
どのくらいの金額を渡すのが相場なのでしょうか?

ここでは大学、または大学院にお孫さんに渡す
お祝い金の相場や渡し方について説明しています。

スポンサーリンク

どのくらいがいい?入学祝いの相場!大学・大学院の場合は?


そもそも入学祝いにお金を渡すのは
いつから始まったのでしょうか。

本来であれば、必ずしも金銭で無くても、
相手の喜ぶ品であれば良いのですが、

入学シーズンは何かと物入りで
お金が必要になるのは事実です。

そこで、金銭を渡して新生活を幸先よく
スタートして欲しい
という願いが込められています。

しかも、大学生になると地方から
大学のある場所へ行ったり、免許を持ったりと
ライフステージが大幅に変わるので
よりお金が必要になります

ちなみに大学入学時に渡す相場は
2万~5万円が相場で、3万円が平均価格です。

大学院の場合もほとんど同じで
相場に変わりはありません。

孫の入学祝いという場合は金銭とは別に、
車や家具一式など、別に形があるもの
プレゼントする家庭も少なくありません。

ただし、これらは必ずしもそうでなければいけない
という理由はありません。

孫の事を考えて現金にするのか、
あえて現金を渡さずに品物をプレゼントするのかを
事前にしっかりと話し合うと良いでしょう。

いくら可愛い孫だからといっても
アポ無しでプレゼントをしたり、
現金を渡したりするのではなく、
前持って連絡し、しっかりと連携を取る事が重要です。

親元を離れて大学・大学院へ通う方もいますし、
しっかりと頑張って欲しいという思いを込めて、
多めに渡す方も少なくありません。

ちなみに入学祝いのほとんどがすぐに使われるのではなく、
資金として貯金したり、生活費に当てたりする
ケースがほとんど
です。

お孫さんを持つ方は、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

大学院の入学祝いは渡すべき?相場と渡し方を公開しています!


大学院の入学祝いの相場は大学と同じで、
相場は2万~5万円、平均3万円になります。

しかし、大学院の場合は年齢的なものや、
難関である事が多いので、やや多めに渡している
というケースも多いようです。

ちなみに、金額相場が分かったのはよいけれど、
どのタイミングで渡せば良いのでしょうか。

一般的には入学先が決まってからになるので、
入学式の2~3週間前がベストです。

3月初旬~中旬だと相手もスケジュールを合わせやすいので、
出来るだけ早めにアポを取るのが良いですね。

遅くても入学式の1週間前が良いですし、
何らかの理由があって遅れるのであれば、
事前にその旨をしっかりと伝えると失礼がありません。

遠方に住んでいる場合や飛行機での距離になる場合は、
年末年始などのイベントの時に一緒に渡すのも良いですね。

ただし、この時はまだ合否が確実ではないので
あくまでも「事前のお祝い」として渡す
もらった相手もプレッシャーを感じる事がありません。

お孫さんに渡す場合は、家族ですし
フラットな感覚で渡すべきか迷ってしまいますが、
お金はしっかりとのし袋にいれ、
メッセージを沿える
伝統的な渡し方をおすすめします。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、
より身近であるからこそしっかりとマナーを守りたいものです。

渡すときのメッセージは「入学御祝」「祝 御入学」
といった物が無難
で、5本または7本の
紅白蝶結びの水引が縁起を感じさせます

本人に直接渡し、その時にもお祝いの言葉をかけて挙げましょう。

まとめ

大学や大学院は義務教育と違い、
自分で進路を選択して勝ち取った
合格なのでとても喜ばしい事です。
そんな頑張ったお孫さんを労う為に入学祝いを渡すのですが、
相場は2万~5万円程度になります。

入学式の前に本人に直接手渡しで渡すのがベターで、
のしやメッセージを付けるのが基本です。

お祝いの言葉や、お孫さんの事を思った
メッセージがあればより心遣いが伝わります。

スポンサーリンク