結婚式の靴に関するマナー! 紐なしはNG、白や黒は華やかならOK!

新郎新婦をお祝いする結婚式ですが、
服装には厳しいマナーがあるのは周知の事実。

でも、意外と見落としてしまう靴のマナー、
アナタは知っていますか。

結婚式で常識知らずだと思われないために、
靴に着目したマナーをお教えします。

スポンサーリンク

新婦の色じゃないの? 結婚式は靴のみであれば白も問題ありません!

新郎新婦が結婚式で素敵な白の衣装を着ていた。

結婚式でゲストが白を着用するのはタブーですし、
もしも白のドレスを着ていると
「結婚に賛成してないのかな?」と、変な勘繰りを受けてしまうこともあります。

白ドレスがNGという事は分かりましたが、靴はどうでしょうか。

同じく、白はNGと思われていますが、
実は結婚式に白がNGというルールは、着用する衣装のみなのです。

そのため、バッグや靴に関しては、白でもマナー違反にはなりませんし、
元に涼しげな色を持ってくることでより華やかに見えるのでおすすめです。

白は目立つ色なので、変に装飾をしているよりも
シンプルで引き立つので、あまりゴテゴテとした装飾が苦手な方にもおすすめです。

ただし、結婚式の靴に関するマナーは全くない訳ではありません。

例えば、オープントゥ

つま先が出ているオシャレなアイテムですが
カジュアルになりすぎるので結婚式にはマナー違反です。

同じ意味合いでブーツもNGですので、気をつけて下さい。

色に関しては制限がある訳ではないですが、
アニマル柄やバックストラップが付いているものはよくありません。

おすすめのデザインとしては、白の中にゴールドやラメの入ったヒールや、
フロントにリボンがついている
と一気に華やかになります。

チャームやストーンがついているとワンポイントでも目を惹きますし、
足が細く見える効果もあります。

パール系のアクセサリーをつけている場合は、靴にもパールを合わせると素敵です。

スポンサーリンク

結婚式で靴を黒にする場合の注意点!より華やかに魅せよう

結婚式のドレスやバッグ、髪飾りに靴と
トータルコーディネートが必要なので本当に大変!

そう思ってアイテムを選んでいるけれど、
靴って意外と重要だということは知っていますか。

オシャレは足元からという言葉があるように、
靴の華やかさはコーディネイト全体に影響します

とはいっても、「結婚式の主役は新郎新婦なので、
ゲストは地味な靴が良い」という訳ではありません。

白は新郎新婦の色だからといって、
対極の黒を選択する方が多いのですが、
あまりにも地味になっていませんか。

結婚式はおめでたい場所ですので、
できる限り華やかに見せるのがドレスコードです。

黒という色でも問題はありませんが、
何の装飾もないシンプルなパンプスや、
まるでビジネスの場で着るようなヒールはNGです。

例えば、刺繍や飾りなど、煌びやかな装飾が
付いている
のが結婚式でのマナーなのです。

ヒールの高さに決まりはありませんが、
ぺったんこのパンプスはカジュアルに
見えてしまうので良くありません。

できれば3cm程度のパンプスがフォーマルな印象、
且つ女性らしさを引き立てます。

ちなみに男性にも同じ事が言えますが、
男性用の靴はあまり装飾などありません。

そのため、シンプルで構いませんが
できる限りキレイな靴がベストです。

結婚式というおめでたい場所なのだから、
マナーを守ってオシャレをすれば
新郎新婦の新しい生活をお祝い、応援する
事になります。

色に関してはあまり神経質になる事は無いので、
安心してアイテムを選択して下さい。

まとめ

よりキレイに見せたいからこだわりたい結婚式の靴。

白、黒どちらも失礼にはなりませんが
あまりにもカジュアル過ぎたり、
地味すぎたりするのはマナー違反なので
下品になり過ぎないように華やかな印象を目指して下さい。

アニマル柄やオープントゥ、バックストラップは
結婚式には向いていませんし、
もちろん清潔にしていない靴もNGです。

スポンサーリンク