白髪の原因はシャンプーにある?成分をしっかり確認しよう!

みなさんは白髪に悩んだ経験はありませんか?
黒い髪のあいだに、ちらほらと色が抜けたように白く光って見える白髪。
同じ年齢の人でも多い人と少ない人がいますよね。
20代で白髪が生えている人…
40代で生え始める人…
60代でも、白髪がなくて黒髪の人……
本当に色んなタイプの人がいると思います。
できることなら、ずっと黒髪で、若々しくいたいと考える人は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は白髪の原因はシャンプーにある? 成分をしっかり確認しよう!
というテーマで話していきます。

スポンサーリンク

その白髪は何が原因? 生える場所に意味がある?


そもそも白髪ってどんな状態なのか知っていますか?
あまり考えたことないですよね。
白髪は人間の典型的な老化現象の1つです。
また、老化が原因だけではなく、メラニン色素の問題の場合もあります。
髪の毛に色を与えているのは、メラニン色素です。
このメラニン色素が何らかの原因でつくられなくなると、
髪の毛は色を失い光を反射して白く見えるようになります。
これが一般的な白髪です。

白髪が生える原因には5つあると言われています。

・親からの遺伝
・病気
・加齢
・精神的ストレス
・過度なダイエットによる栄養不足
などなど……。

そしてなんと! 生えてくる場所で体調が分かるようなのです。

・生え際こめかみ周囲…眼精疲労、食生活の乱れ
・前頭部周囲…便秘、痔などの肛門周辺の不調
・頭頂部周囲…紫外線によるダメージ、消化不良や胃潰瘍などの胃の不調
・側頭部周囲…肝臓の不調、ストレス
・後頭部周囲…生理不順、不妊、精力減退などの生殖器にトラブルがある疑い
・つむじ周囲…心臓、肺の不調
・耳の周囲…虫歯や歯槽膿漏、聴覚障害の疑い
・眉毛の周囲…眼精疲労、表情筋の疲れ
等々……。
白髪の生えてくる場所にはそれぞれ色んな意味があるんですね。

スポンサーリンク

つむじ周囲の白髪は心臓や肺の不調ということ。
生命に直結しそうなところなので、なんだか特に心配になりませんか?

体調不良が白髪の原因?40代の体質が分かりやすいワケとは?


1度生えた白髪は抜けた後も8割が白髪となってしまうようです。
白髪が治って黒い髪の毛が生えてくるということはほぼないという悲しい結果らしいのです。
現在では根本的な治療はないとされていますが、原因は少しずつ解明されているようで、そこに対処していくことが大事だと思います。

40代というと、
・仕事業務のストレス
・中間管理職としてのストレス
・家庭でのストレス
など、何かと精神的ストレスを感じやすい時期ではないかと思います。

また、
・多忙な仕事で運動不足
・不規則な生活で夕飯の時間が遅い
・立場上、飲み会に付き合う回数が多い
と、栄養管理や体調管理も難しくなってきます。

そんな毎日の中で、少しでもストレスを貯めないようにしたり、運動・食事に気をつける……難しいかもしれませんが、白髪が気になるなら考えてみたいですね。

そして、日々のシャンプーも大事です。
忙しいとどうしてもお風呂の時間が億劫になり、シャンプーを適当にしていませんか?
シャンプーも白髪の原因のひとつだと言われています。
頭皮の表面には外からの侵入を守ったり、肌の乾燥を防いだりするための肌バリア機能が備わっています。
ゴシゴシと強く適当にシャンプーしてしまうと、頭皮の汚れだけではなく、その肌バリア機能も落としてしまうことになりかねません。
バリア機能がなくなってしまうと白髪だけではなく、薄毛の原因にもなってきます。

シャンプーをするときに一緒に頭皮マッサージをすると効果的なので、適当にせずにじっくりするように心掛けたいですね。

まとめ

白髪になってしまう原因にはいくつかあるようです。
根本的な解決方法は現段階では残念ながらないようなので、日々の生活から少しずつ見直していくことが大切なんですね。
今回の話が白髪に悩む人の参考になればと思います。

スポンサーリンク