沖縄の水道水はそのまま飲める? 那覇の水事情や石灰についてを確認!

「沖縄の水はまずい、飲めない」と言われていますが
その理由について紹介しています。

また、那覇市の水道水事情や石灰の量は
他県に比べるとどんな点が異なるのかを
徹底分析した結果を公開しています。

これから沖縄に行く予定のある方は一読下さい。

スポンサーリンク

那覇の水道水は他県に比べると臭いが強いって本当?

沖縄にずっと住んでいると気付きにくいですが、
実は沖縄の水って他県に比べると
かなり臭いが強いのはご存知ですか。

カルキというか、人によっては生臭い
と感じてしまうケースもあります。

「生臭い水なんて怖くて飲めない!」

と思うかも知れませんが、実は
この臭いの原因は塩素の臭いなのです。

通常、水道水というのは浄水場から
家庭まで水と届ける際に、
塩素を加えて消毒しています。

その残留塩素が残ってしまっているため、
臭いが気になってしまうのです。

この塩素は臭いますが、身体への
影響はなく、おいしく頂けます

沖縄、那覇市はこの残留塩素が高いので、
他県から来た方は気になってしまうようです。

この塩素の臭いは、煮沸する事でなくなりますので、
水道水を飲む事に抵抗がある方は
一度水を煮沸させてから飲むと良いでしょう。

それも面倒だという方は、汲み置きや
浄水機の設置する
事で、塩素の臭いを除去できます。

ちなみに、沖縄では「水屋」と呼ばれる
ミネラルウォーターを販売している店舗、
ウォーターサーバーを設置している家庭が多くあります。

これも塩素の臭いが関係しているからかも知れません。

どちらにせよ、臭いはあっても
私たちの身体に何の影響もない事は確かなので
慣れるまで待ってみたり、煮沸や浄水機の設置をしたり
自分の納得行く方法で対策をしてみてください。

ちなみに沖縄の水は他県よりも硬度が高く、
マグネシウムやカリウムが豊富
なので
身体に良い影響があると言われています。

スポンサーリンク

沖縄の水道水は石灰が多い?味にどんな影響があるの?

水道水の話をすると、「臭い」ことのほかに
言われるのが「石灰」についてです。

石灰と言うのはカルシウムと塩素が結合してできる物質です。

塩素は水道水を安全に飲む為に必ず入れなければならないので、
それを除去する事はできません。

ではカルシウムはどうでしょうか。

沖縄の水は、他県に比べるとやや硬度が高く、
カルシウムやカリウム、マグネシウムが豊富
です。

これらの成分は人体に良い影響を与える成分ですので、
健康面でいうなら、他県の水よりも優れていることになります。

また世界的にヒットしているミネラルウォーターも
硬度が高い製品が多く、中には
1500ppmといった超硬水もあります。

ちなみに沖縄県の水道水は平均して
100~150ppm
で、他県は100ppmを
下回る程度なので、沖縄の水だけが群を抜いて
硬度が高いということはありません。

ただ硬度の高い水は軟水に比べると飲みにくい
というか、お腹に溜まる印象はあります。

そのため、一度に沢山の量を飲みづらく
それが飲みにくい理由に繋がっているのかも知れません。

石灰が多いと硬水になり、飲みにくい
と感じる一方で、身体に良い影響があります。

お腹に溜まるので一度にたくさんの水を飲むのは
辛いと感じるかも知れませんが、
ダイエットに応用できるのではないでしょうか。

これまで軟水で入浴をしていた方は、
石鹸の泡立ちの良さに驚いたり
髪の毛がキシキシすると感じたりする方もいるようです。

沖縄の水は他県に比べるとまずいと
言われる事もありますが、
実際は飲み慣れていないだけかも知れません。

まとめ

沖縄の水道水は味や石灰の面で
良くないイメージがありますが、
それは大きな間違いです。

他県に比べると硬水寄りですが、
基準値はクリアしていますし
カルシウムが豊富なので健康にも良いです。

確かに塩素の残留は他県よりも多いですが、
これはしっかりと消毒をしている証にもなります。

海外では硬水がほとんどですし、
沖縄の水道水だけが特別ではありません。

スポンサーリンク