引っ越し祝いは一人暮らしの女性もすべき?総額・準備や荷造りなど丸わかり!

初めてのひとり暮らし。
男性でも女性でも、初めての経験はどきどきわくわくですね。

女性の一人暮らしにスポットを当ててみましょう。
防犯のため、夜でも明るい道路の近くや2階以上など、考えることが色々ありますね。
賃貸物件でも、多少高くても防犯性の高い物件を選ぶ方が多いです。

今回は、引っ越しに必要な値段の相場や、効率的な荷造りの方法など。
引っ越しに関わるお役立ち情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

相場はどの程度?引っ越し費用や一人暮らしの総額を徹底分析!

例えば、実家から100キロほど離れた街の家賃5万円の賃貸物件へ引越した場合。

まず、実家にある自分の荷物を運ぶ必要がありますね。
自分の部屋のものだけならば、小さなトラックで済みます。
引越し料金は3~4万円といったところでしょうか。

そして、家電をそろえなければなりません。
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど。
物件によっては、ガスコンロやIHコンロが備え付けられていたりします。

引越しの当日または翌日以降に新居に届くよう手配しましょう。
新しい家電をそろえるだけでもかなりの費用がかかります。
家具付きの部屋を選という選択もアリだと言えるでしょう

さて、無事に引越しが済みました。
ここまででいくらかかっているでしょうか?

前家賃 5万円(もしくは2か月分で10万円)
敷金  5万円
礼金  5万円
仲介料 5万円
火災保険(2年分) 1万5千円

+引越し費用と、家電などの買い物です。
結構かかってますね!

最近では、空き部屋解消のために礼金を取らない大家さんも多いです。
敷金は、部屋の原状回復などに使われるお金です。
綺麗に部屋を使っていれば、半分くらいは返ってくることもあります。

不動産屋さんへ支払う仲介料は、家賃1ヶ月分程度が相場です。
賃貸は基本的に2年ごとに更新なので、2年分の火災保険料を先に支払います。
2年以上住む場合は2年ごとに支払います。

スポンサーリンク

いつからやるべき?引っ越しの準備と荷造りを効率良くやる方法

引越す、と決まったらすぐに手を付けましょう!
春から新生活を送る場合は、12月くらいには部屋を押さえてしまうのがベストです!
その時期を過ぎてしまうと、推薦入試が済んだ学生に良い部屋を取られてしまいます。

荷造りは実家を出る場合、置いていくものと持っていくものを分けなければなりません。
なるべく身軽に引越して、現地で必要なものを買う方が楽です。

早い時期に実家近くの店舗で商品を選び、引越し時期に新居近くの店舗から発送する。
店舗によっては、こうした便利なサービスもありますので活用しましょう。

荷造りを始めたら書籍やアルバムの類は決して開いては行けません。
見入ってしまいますからね…彼らは時間泥棒です。

まとめ

学生なら住民票は移さず親の扶養下で仮住まいもできます。
ただ、社会人はそういうわけにもいきません。

まず引越す前に、役所に転出届を出しましょう。
これは新居のある街の役所に転入するときに必要です。

そして銀行やカード会社に住まいが変わったことを知らせて住所変更しましょう。
携帯電話の住所変更、郵便局への転居届も忘れずに。
最大1年間、旧住所から新住所へ郵便物を転送してくれます。

就職で転居した人は、健康保険や厚生年金、雇用保険の手続きなどを会社に頼めます。
就業中に引越した人は、会社に引越ししたことを伝えて、手続きしてもらいましょう。

新居に入ったら、電気や水道、ガスなどの契約もしなければなりません。
ガスなどは大家さんから指定されることもあるので、言われたとおりにしましょう。
電気や水道も、備え付けられているハガキに必要事項を記載すればOKです。

ご近所さんへの挨拶も忘れずに!
最低でも両隣には挨拶しましょう。
不在の場合は、手土産に自分の名前とメッセージを添えてポストに投函でもOKです。

いろいろ負担や責任が増えますが、ひとり暮らしはとにかく自由です!
素敵な新生活になりますように。

スポンサーリンク