ホワイトデーのお返しで片思いの人に怒られる?一番はマドレーヌ!

大好きなあの人からバレンタインのプレゼントを貰いウキウキのあなた♪
きちんとお礼を兼ねてお返しをし、出来れば想いを伝えよう……。
なーんて考えたりしちゃいますよね?
そこで大切なのが、お相手へのお返しのプレゼントです。

品物だとちょっと重たい印象かもしれない……。
形には残らないけれど気持ちは残る……そんなおしゃれなお返しって無いでしょうか。
まずは物色しやすいお菓子売り場に見に行ってみようか。
女性は甘いものが好きな方が多いですし、お菓子だとまぁ無難な線ですよね。
お相手も受け取りやすいお返しだと思います。

しかし!!!
ホワイトデーの可愛いパッケージや、見た目が美味しそう……そんな安易な考えで選んでは相手を怒らせてしまう危険があります!!
頑張って探してこれだ! と思って選んだのに一体何がいけなかったのだろう……。
理由がわからず頭を抱えてしまうかもしれませんね。

ホワイトデーのお菓子には、意外と意味のあるものが多いって知ってましたか?
男性は知らなくても、女性は結構知っている……。
そんな“お菓子の表わす意味”をご紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

 

ホワイトデーのお返しの意味とは?
マドレーヌはもっと親密になりたい!


ホワイトデーのお返しに迷って、デパートなどのコーナーで選んでしまう……そんな事多くないですか?
確かに、たくさんの数並んでいるとなんとなく安心感もあるし、定番なのかもしれません。
でも、定番が安心という訳ではないんですよ!

お返しに送るお菓子に意味があるとしたら……。
自分の気持ちにピッタリなお菓子を選びたいですよね。
まずは王道のお返しに使われるお菓子からご紹介します。

マシュマロ

あなたが嫌いです
昔はマシュマロの中にチョコが入ったものがお返しに多かったんです。
あなたの気持ちを柔らかく包み込む…あなたの愛を純白で包む……なんていい意味がありました。
最近では、
・味気がない
・パサパサしている
・すぐ食べ終わる
というところから、興味がなくてあまり関わりたくない……それなりの距離を置きたい……といった悪い意味に変化しているそうです

クッキー

あなたは友達です
クッキーにはたくさんの種類があるため、大勢の中の1人。
割れたりさくっとしていることから、友達と言う意味合いが強いようです。

キャンディー

あなたが好きです
飴は硬く、割れにくいことから強い気持ち=好きと言う意味合いらしいです。
カラフルな色味にはそれぞれに意味があるのだとか!?
イチゴ:恋や結婚
ブドウ:酔いしれる恋
バナナ:結婚も考えてます!
オレンジ:幸せな花嫁
メロン:デートに誘われる?
リンゴ:運命の相手
メロン:デートが盛り上がる
レモン:真実の愛

スポンサーリンク

これには私も驚きました。キャンディーって情熱的なお返しだったんですね。

マドレーヌ

マドレーヌの形って貝の形ですよね?
貝と言えば2枚ぴったり重なることより夫婦円満や縁結びを示しています。
その為なのか、あなたをもっと知りたいです……という意味を持っているそうです。

参考 LINE neverまとめ
https://matome.naver.jp/m/odai/2142626598793946401?page=1
日本文化研究ブログ
https://jpnculture.net/white-day/

 

ホワイトデーのお返しにNGのお菓子!
意味は「特に無し」のバームクーヘンに決まり!


どうでしょう……前に挙げただけでもお菓子にはたくさんの意味が込められています
誤ったセレクトをしたくないですよね!
じゃあ一体何を送れば失礼がないんだろう!?
男性の皆さんは頭を抱えてしまいそうです。
そんな時は特に意味を持たないお菓子を選ぶことをオススメします

例えばバームクーヘン
ホワイトデー自体のお返しに関しては何の意味も持ちませんが、よく結婚式の引き出物に入っていることありませんか?
実はバームクーヘンは何層にも重なっていることから、二人の幸福か続きますように……幸せが重なっていきますように……という意味を表します。
だからか~!! と納得できる意味ですよね♪

他にも特に意味を持たないお菓子はたくさんありますので、迷ったときの参考にしてみてください。
1、 和菓子
2、 ケーキ
3、 チョコレート
4、 ラスク
5、 ミルフィーユ
6、 プリン
7、 シュークリーム

参考 情報整理の都
https://miyakyo0001.com/whiteday-okaesi-imi

こうしてみると、案外賞味期限の短いものが多いですね。
チョコレートかラスクが良いのでしょうか……。
チョコレート貰ってチョコレートお返しもなぁ………。
それなら、少し凝っていたり変わっているチョコレートを選ぶと良いかもしれません。

ここまで提案してきましたが、お返しより何よりまずはお相手の予定を聞いておかなくてはいけませんね。
きちんと勇気を出して誘ってみる……ここが第一歩です!

 

まとめ

実はホワイトデーって、昔は日本独自の文化だったことご存知でしたか?
頂いたものは何かしらお返しをしないと…という、日本人ならではの考えなんでしょうね。

またホワイトデーを世の中に浸透・普及させたのはお菓子屋さん業界。
今では、バレンタインもホワイトデーもごく普通に行われています。
折角のイベント、チャンスだと思って二人の良い関係が長く続くよう頑張ってください!

スポンサーリンク