入学祝いの相場!孫や甥っ子!中学の入学祝いの相場を知る!

お孫さんや甥っ子が、春から中学生と聞いて驚いている方はいませんか。
幼かったあの子も身長が伸び、いつの間にか声変わりしているのではないでしょうか。
入学祝いとは子どもの進学を祝って、お祝い金やプレゼントを贈ること
入学祝いは、基本的には親族間でおこないます。
そんな入学祝い、今年は何人も重なってる……なんてこともあるかもしれません。
そんな年は出費も結構大変ではないでしょうか?

入学祝いの相場、渡す範囲・時期などについてお話しましょう。
併せて、入学祝いに適したプレゼントについてもご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

甥っ子はもう中学生? 入学祝いの相場はどのくらい?


入学祝いを用意する前に、贈る側の心構えについて、確認しておきましょう。

入学祝いを贈る前に

お祝い金の確認

入学金のお祝い金について、親族間で確認しておきましょう
お孫さんや甥っ子にあまりにも高額なお祝い金を贈ると、家族が困惑する可能性があります
親族であっても、各家庭により教育方針は異なりますものね。
お祝い金の金額をそろえるなど、親族間で確認しておきましょう。

第2子以降も入学祝いを贈ること

入学祝いは第2子以降も、贈るようにして下さい
一番上のお兄さんにだけ入学祝いを贈るということはNGです。
下の兄弟にも、同じ程度の入学祝いを贈りましょう
入学祝いを贈った日付・金額・内容等を記録しておけば、忘れないですみますよ。

入学祝いの相場は?

入学祝いは、「お祝い金」として贈る方が多いようです。
中学生の入学祝いでは、1万円程度が相場となります。
甥っ子が中学生…この場合1万円位になりますよね。
但し、お孫さんの場合は1万円~3万円程度と幅があるようです
甥っ子に比べて、お孫さんは高額になる傾向にあります。
あくまでもお祝い金の額は目安です。
お祝いしたい相手との親しさの程度によって、金額を増減しても構わないと思います

入学祝いを渡す範囲

入学祝いは、親族間のお祝いです。
基本的には入学祝いを贈る相手は、甥っ子や姪っ子、お孫さんまでになります。
友人・会社の後輩や同僚などのお子さんにまで渡す必要はありません。
とは言っても、気持ちが一番! 贈りたいなと思ったらお祝いしても構わないでしょう。

入学祝いを贈る時期

入学祝いを贈る時期は、入学式の2~3週間前になります。
遅くとも、入学式の1週間前までには贈りましょう。
卒業式後など、タイミングが良いかもしれません。
卒業と入学のおめでとうは、中学生になる期待も高まるのではないでしょうか。
食事会を予定している場合は、その場で渡すケースもあるようです。
お住いの近くに住んでいる場合、直接届けに行っても良いですね。
遠く離れている場合、書留郵便を利用して入学祝いを贈りましょう。
郵送で贈る場合、祝福の手紙やメッセージも添えると良いでしょう。

スポンサーリンク

入学祝い金の封筒

入学祝いは、ご祝儀袋に入れて渡しましょう。
ご祝儀袋の表書きの上段は、「ご入学お祝い」や「御祝い」になります。
下段には、あなた(贈る人)の氏名を書きましょう。
上段の字より下段を小さめに。夫婦連名の場合は右側に夫左側に妻の氏名を書きます。

 

入学祝い以外にもプレゼントをすべき?
相場と中学生にぴったりの贈り物


入学祝いはお金以外のプレゼントだと、図書カードや文具券があります。
金券以外にも、中学生活で役立つ品物を贈っても良いでしょう。
中学生向けのプレゼントの相場やオススメ品について、説明しますね。

プレゼントを選ぶ前の注意点

贈りたい相手に希望を確認できる場合は、直接たずねてみましょう。
入学祝いは誕生日プレゼントと違って、学業生活の助けになるものにして下さい。
親族の場合は、誕生日プレゼントと目的が異なることも説明してあげると良いですね。
友人・知人の関係の場合は聞くことができないので、こちらで選べばいいでしょう。

プレゼントの相場について

入学祝いのプレゼントの相場は、関係性によって、異なります
甥っ子に贈る場合は、3千円~5千円程度。
お孫さんの場合は、1万円程度になります。

中学生にぴったりのプレゼントは?

中学生ともなれば、自分で決められるプレゼントも喜ばれるようです。
例えば、図書カードならば、自分で好きな本を選ぶことができますよね。
そんな中学生向けのプレゼントをご紹介します。

図書カード・文具券

お祝い金以外では、定番のプレゼントですね。
中学生活では、書籍や文具は必需品なのでオススメです。

電子辞書

中学生へのプレゼントでは、こちらも定番の1つですね。
様々な使い道があっていいと思います。

定期入れ

進学先によっては、電車通学になる子どもさんもいます。
あると便利ではないでしょうか。

目覚まし時計

小学生の頃は、キャラクターの目覚まし時計を使っていたかもしれません。
そろそろ、落ち着いたデザインの目覚まし時計が欲しくなるのではないでしょうか。

その他、中学生になると部活動や習い事も活発になるのでスポーツタオル水筒などもオススメです。
贈る相手やその家族のことを思いながらプレゼントを考えるのも楽しいですね。

 

まとめ

入学祝いの場合、親族間で金額的な取り決めをしておくと安心です。
親族とは言え、各家庭によって教育方針は異なるもの。
高額な入学祝いを贈られて、困惑するケースもあります。
せっかくのお祝いなので、気を遣わせないような気配りも大切です

お孫さんや甥っ子姪っ子たちも中学生になれば、部活や勉強が忙しくなるでしょうし、段々と一緒に過ごす機会も減っていくかもしれません。
それも成長の証……家族みんなで見守って応援したいですね!

スポンサーリンク