お宮参りの初穂料を入れるのは白封筒が吉?書き方まで知りたい方必見

男の子なら生まれてから31日目、女の子なら生まれてから33日目に行うのがお宮参り(初宮詣)です。
最近では日付にはこだわらずに、赤ちゃんやお母さんの体調の良い時などにお参りすることが多いようです。

赤ちゃんが健やかに育つように祈る、昔からの行事ですね。
神社で、ご祈祷や祝詞をあげてもらいます。
神社側にも用意がありますので、事前に予約をしてからスマートに行きましょう。

お宮参りは赤ちゃんが無事に生まれ、その土地へ仲間入りしたお祝いですので、父方母方両方の祖父母が関わることもあるでしょう。
このような日程でお宮参りに行きたい、と相談なり報告なりしておきましょう。
一緒に行くかもしれませんし、祝着を用意したいという話になるかもしれません。
お宮参りへの関心度は、ご両親よりもおじいちゃんおばあちゃんのほうが、高めかもしれませんね。

スポンサーリンク

シンプルでもいい?お宮参りの初穂料を入れる封筒の選び方

お宮参りに係る祈願料は「初穂料」と呼ばれます。
神社によっていくらくらいなのか、違いがあるかもしれません。
相場は5千円から1万円くらいだそうです。
明治神宮では、1万円と決まっていて、特製のお喰い初め膳などをいただけるそうです。

最近ではお宮参りのために神社に行って、お財布からダイレクトに現金でお支払する、
ということができる神社もあるようです。
そのような行いは神聖な気分が台無しになってしまいますよね。
出来れば、コンビニエンスストアで買っても良いので、初穂料を入れるものは、紅白の蝶結びの熨斗袋を用意したいところです。

熨斗袋がない! という事態の時も、せめて白封筒などに入れるようにしましょう。
ダイレクトに現金を手渡すのは、儀礼っぽくありません。

スポンサーリンク

これで安心!お宮参りの初穂料を入れた白封筒の書き方を完全攻略!

白封筒は緊急の時で、出来れば紅白の蝶結びの熨斗袋をご利用くださいね。

熨斗袋の表書きで「御初穂料」または「初穂料」と書きます。上の方ですね。
下の方には、お父さんでもお母さんでもなく、赤ちゃんのフルネームを書きます。
『初穂料   山田花子』
みたいな感じでしょうか。もちろん縦書きですよ!
明治神宮でそのように勧めていますので、間違いありません。

お祝いやお見舞いなどの袋には、お金を出した人の名前を書きますが、
ここは赤ちゃんが主役ですので、赤ちゃんの名前を書きます
最近は凝った名前を考える親御さんも多いですから、読みにくいかなと思った場合は、
ふりがなをつけておくのも良いかもしれませんね。そのほうが何かとスムーズです。

まとめ

お金を熨斗袋に入れるときは、お札の表面が上になるように入れてくださいね。
そして、ビシッとピン札、新しいきれいなお札を使ってください。
よれよれにくたびれてしまったお札で、お宮参りにケチをつけられたくないですからね。

赤ちゃんは祝着やベビードレスなどを着ていくことになると思いますが、同行する家族の服装は特に決まりはありません。
何を着ても良いのですが、写真撮影などもありますので、多少フォーマル寄りのほうがいいでしょう。
ちなみに明治神宮では、専属のカメラマンさんが毎日待機しているそうです。

お宮参りを済ませた後は、家族でお祝いをしましょう。
両家の祖父母、親戚など集まってお祝いをして、ご近所へも挨拶にまわる、
というのが昔ながらのやり方のようですが、
お出かけ前後にお料理の支度も大変でしょうから、お宮参りに出掛けたメンバーで、
個室など借りて外食してはいかがでしょうか。
赤ちゃんはもちろんまだ何も食べられませんが…お母さんは産後の栄養も必要ですし!

赤ちゃんの晴れの日です。
ご機嫌よろしく進むと良いですね。

スポンサーリンク