腐らない?ちらし寿司を翌日の弁当に入れてもOK?賞味期限や保存方法は?

ちょっとしたお祝いごとのある日や、親戚が集まるときなど、
ちらし寿司が食卓に上がることはわりと多いと思われます。

昔なら酢飯から作って、錦糸卵を作ったり具を煮込んだり、何かと手間がかかりましたが、
最近は混ぜるだけで、ちらし寿司が作れる商品も販売されています。便利ですね!

生ものが使われていない、五目ちらしであれば、翌日のお弁当もアリでしょう。
ただし一度冷蔵してしまうと、酢飯がボッソボソになりますので、
暑くない季節ならタッパーやお弁当箱を冷暗所に保存しましょう。

個人的には、冷蔵か冷凍してしまって、あとでゆとりのある時にでも、
五目ちらしをレンジで温めて、稲荷ずしにリメイクしますね。
市販の、あまじょっぱく味付けした油揚げを買ってきますと、すぐ出来ます。
こんにゃくが入っている時は、冷凍する前に抜いておきます。食感が苦手なので。

スポンサーリンク

ちらし寿司の賞味期限は1~2日が限界!生ものがある場合はもっと早い?

まぐろやいくらなどの生ものが載った、いわゆるばらちらし(江戸前ちらし?)の場合は、
次の日のお弁当は無理があります…。
酢飯と生ものの具を分けて、具だけ冷蔵するなら可能かもしれませんが…。
いや、それも危ないかもしれません。念のため、生ものはお醤油などで「ヅケ」にして
なおかつ冷蔵しなければ傷んでしまうのではないかと思います。
酢飯のほうは、10℃前後で保存されていれば、一日くらいは持ちます。

ばらちらしの冷凍保存には反対します。
そもそも家庭に供給される海産物の多くは、一度冷凍保存されたものが多いです。
その冷凍物を解凍させた状態のものを、私たちは買って消費します。
ですので、ばらちらしをそのまま冷凍した場合は、再冷凍&再解凍になり、
色とりどりで美しかったまぐろやいくらはべっちゃりと水分がにじみ、
味はとても作り立てとは比べることも出来ないでしょう。

スポンサーリンク

どうにかちらし寿司を長く持たせたい!冷蔵での保存方法は?

五目ちらしは冷蔵庫に入れても、傷みやすい食品は載っていませんので、
2日程度は保存が可能です。
が、早めに消費するよう心がけましょう。酢飯が劣化してしまいます。

ばらちらしの場合は、やはり載っている生の具がネックになります。
生の具は先に食べてしまうか、寿司の上から撤去して、冷蔵庫のチルド室などに、
きっちりラップをして保存してください。
酢飯を冷蔵すると、硬くボッソボソになってしまうのは間違いありませんので、
タッパーなどの上からさらに新聞紙でくるみ、野菜室に入れてみてください。
普通に冷蔵するよりはましになります。
上記の努力をしても、生ものですので、持つのは1日か2日程度です。
出来るだけ早く食べましょう。

まとめ

今どきのちらし寿司というと、市販のちらし寿司の素(五目ちらし)をベースに、
えびやいくらが散らされているイメージがありますが、各ご家庭ではいかがでしょう?
ちらし寿司も地域差がなくなって、進化しているのでしょうか?

生もののない五目ちらしなら、保存は可能です。アレンジも効きます。
しかし生ものがトッピングされていると、保存方法に限界がありますので、
作りすぎないように気を付けるか、頑張って食べてしまうしかありません。

保存方法に限界があるとしたばらちらしですが、勇気あるアレンジ方法をご紹介します。
海鮮チャーハンにするのです!!
余った当日のうちに加熱してチャーハンにしてしまえば、冷凍保存が可能です。
食べるときも、普通にレンジで温めるだけ。
このとき、具にこんにゃくが混じっていたら気を付けてください。
冷凍するとゴムゴムした食感になります。

世界では食糧難の地域があるというのに、日本では食品ロスが多くあると聞きます。
もういらないから捨てる――などということのないように、
ものを大切にする「もったいない」の心を忘れずにいたいですね。

スポンサーリンク