ホワイトデーにマカロンをもらった?お返しの意味とNGお菓子!

バレンタインデーにお菓子を貰ったら、ホワイトデーにお返しをしますよね
お相手の好きなものを…という案を考えられると思いますが、お返し選びにも実は注意点があるんですよ。
女性は特に贈り物に込められた意味について敏感ですから、意図せず「お断り」をしてしまっていることも(汗)
ホワイトデーにお返しをする際の品選びについて、今回はまとめてみました
お返しにも意味があることを知らなかった、という方は要チェックですよ。

スポンサーリンク

ホワイトデーにお返しをする片思い男子必見!
お返しにも意味がある?

タイトルをみて、「何それ!?」と思った方多いのではないでしょうか。
ホワイトデーのお返しに選ぶものによって、色々な意味が込められているんですよ。
知らないまま贈り物をして、お相手を傷つけるようなことは避けたいものです。
それぞれの詳細については次のコーナーでご紹介しますので、そちらをチェックしてください。

まずはホワイトデーにお返しするようになった理由について確認しておきましょう。

ホワイトデーのお返しは日本固有の習慣!?

実はホワイトデーは、海外では行われていない習慣なんです。
昭和52年(1977年)、ある雑誌に
「バレンタインに男性だけがチョコを貰っていてズルい」
と投稿した女性がいました。
この時すでにバレンタインデーは定着していたようですが、日本では女性が男性に告白する日であり、お返しを貰える習慣はまだなかったんですね。
そこで福岡の和菓子屋さん「石村萬盛堂」が考えたのが、マシュマロ。
あなたがくれた気持ち(チョコレート)を、僕の優しさ(マシュマロ)で包んで返します
という意味を込めて、マシュマロのチョコレート包みを考案したのがホワイトデーのきっかけみたいです。
着色していないマシュマロの色から「ホワイトデー」という名前になり、現在に至ります。

お返しをするきっかけとなったお菓子には意味が込められていましたから、その他のお返しの品にも意味が込められるようになったのは想像に難くないですね。
では、みなさんが気になっている「それぞれのお返しの品に込められた意味」について次はみていきましょう。

いろんなメッセージがある?
ホワイトデーにお菓子をあげる意味を知る!

さて、いよいよホワイトデーのお返しをするときに知っておきたい「贈り物に込められた意味」についてご紹介いたしますよ。
まず最初はお菓子についてまとめてみました
それぞれ違った意味がありますので、贈るお相手によって分けて選ぶとよいかもしれませんね。

マシュマロ

先程「ホワイトデーの起源はマシュマロにある」ということをお伝えしましたね。
最初こそ素敵な意味が込められたお菓子であったのですが、現在は真逆の意味があると考えられています。
口の中で溶けてなくなる食感であるため、「あなたのことは好きじゃありません」ということになるのだそうです。
マシュマロにとってはとても悲しい結果になってしまっていますね(汗)

キャンディ

キャンディーは本命にお返しするときにぴったりなお菓子です。
口の中で長く甘さを楽しむことができ、また固くて割れにくいということから、「長く甘い関係が続いてほしい」という願いを込めて贈るものになるのだそう。
キャンディを贈る習慣ができたのは、ホワイトデーができた翌年からのようなので、こちらも伝統あるお返しの品であるといえます。

マカロン

最近でこそコンビニでも買えるようになりましたが、マカロンは本来高級なお菓子の一つでした。
ですから、マカロンをお返しすることで「あなたは特別です」という意味を込めることになるんです。
マカロンは相手のことを想っている場合だけでなく、「特別な」友達のお返しとしても最適なお菓子です。

キャラメル

キャンディとは違う、とろりとした食感で溶けていくキャラメル。
このことから、キャラメルをお返しすると「一緒にいると安心する」という意味になるようです。
想い人だけでなく、お友達へのお返しの品としてもぴったりですね。

マドレーヌ

マドレーヌは貝のような模様になっていますよね。
マドレーヌの型は二枚貝を模してつくられていて、二枚貝は閉じるとピタリと合わさることから「あなたと距離を縮めたい」という意味が込められます。
片想いのお相手から友チョコとしてバレンタインに貰っていたとしたら、
「あなたのことが好きなんですよ、あなたのことをもっと知りたいんですよ」
というニュアンスのお返しができますね。

バームクーヘン

何層にも生地を重ねていって作られるバームクーヘンは、「幸せがかさなりますように…幸福が続きますように」という願いが込められます。
ホワイトデーだけでなく、結婚式の引き出物として同様の意味をもって贈られるお菓子です。
すでに恋人同士や奥さんへのお返しとしても素敵ですね。

クッキー

サクサクした食感で、乾いたお菓子であることから「ドライで軽い関係性」を表します。
最近はしっとりタイプのクッキーもたくさんありますが、本来のクッキーは固めのドライなものですから、同様の意味をもちます。
また、万人ウケするお菓子かつとてもポピュラーなものなので「特別ではない=友達のままで」ということになります。
お友達どうしのお返しであれば、クッキーも良いチョイスですよ。

グミ

ホワイトデーにグミをあげると「あなたのことは嫌いです」と受けとられてしまいます。
何故そのような意味になったのか、由来は定かではないようです。
ですが広く知られていることなので、できれば誰に対してもお返しとして選ぶのは避けた方がよいといえますね。

スポンサーリンク

チョコレート

バレンタインデーでは定番となっているチョコレート。
ではお返しにチョコレートを贈るのはどうなのかといいますと、実は特に意味をもっていないんです。
口溶けの滑らかさなどから良い意味を連想させますが、ホワイトデーのお菓子としては深い意味はないらしいです。
そこが無難なお返しとしてはもってこいのお菓子といえますね。

ホワイトデーのお返しとして
別れを意味するハンカチは本命には絶対NG!

ホワイトデーにお返しとしてあげるお菓子には、色々な意味が込められていましたね。
中には友達にも渡さない方がよいお菓子もありました。
では、食べ物以外ならば全てOKなのかといいますと、実はそうでもないのです。
次に、お菓子以外でお返しを選ぶ際の注意点についてご紹介したいと思います。

本命にあげたい贈り物

物自体に意味はないですが、女性が喜ぶお返しはこういったものになります。
素敵な贈り物で、お相手の気持ちをゲットできること間違いなしです。

ハンドクリーム

女性にとって必需品ともいえるハンドクリーム。
ボディ用品専門店ではリッチで香りもよい商品がたくさんありますが、普段使いには薬局で買って済ませている女性は多いです。
いつもは買えないような特別感がでるハンドクリームは、ホワイトデーのお返しにぴったりです。
お相手の香りの好みも知っておくとベターですね。
参考SABON

バスボム

見た目も可愛らしいうえ、毎日のお風呂で特別な気分を味わえるバスボムは、女性が貰って嬉しいギフトの一つです。
バスボムを使ったお風呂に入れば、お肌がしっとりするといった効果もあるので、実用的でもあります。
色々な種類が出ていますから、お相手のことを考えながら、店員さんと相談して選ぶとよいですよ。
参考LUSH

アロマグッズ

香りでリフレッシュしたり落ち着ける効果のあるアロマグッズは、ホルモンバランスで体調が左右される女性にとって重宝するアイテムです。
自宅で使用するものからオフィスでも使えるようなものまで様々なタイプがあります。
お相手の香りの好みをリサーチしておいて選ぶと喜ばれるでしょう。
好みが分からない場合は、店員さんに相談すれば、女性に人気の香りも教えてもらえますよ。
参考生活の木

食事に誘う

物を贈るのではなく、思い切って食事に誘う、なんていうのも素敵ですね。
お洒落なレストランに招待されたら、お相手の女性もドキっとすると思いますよ。
片想いのお相手を誘って、そこで想いを打ち明ける…これぞバレンタインのお返しの直球ではないでしょうか。
恋人や奥さんへ、いつもと違ったお返しとしてもよいですね。
参考ANTICA OSTERIA DEL PONTE

これはNG!な贈り物

品物にも、ホワイトデーに贈るのは避けるべきものが色々あります
男性側からすると難しいかもしれませんが、一緒に理由も載せていますので読んでみてください。
こちらでは友人へのお返しとしてもよくないものを取り上げていますが、特に本命の方にはあげないように注意してくださいね。

ハンカチ

ハンカチは「別れ」を意味する贈り物として認識されます。
これは昔からいわれていることで、別離のシーンで相手が見えなくなるまでハンカチを振ることからきていると考えられます。
うっかり恋人や奥さんにも贈らないようにしてくださいね。

下着

やはり、下着は下心丸出しになってしまうものなので、避けるべきでしょう。
少し親しいだけの間柄で下着を贈ってしまうと、あなたの評価はがた落ち確定です。
恋人や奥さんなど、お相手が希望していたものであればともかく、基本的にはお返しとしてチョイスしないようにしましょう。

あまりにも高価なアクセサリー

大切な人に特別なものを贈りたい気持ちは分かりますが、バレンタインに手作りチョコをあげただけで、ホワイトデーに何百倍で返ってきたら…。
貰った側が申し訳ない気持ちになってしまいますよね。
お相手に逆に気を遣わせてしまうような高価なアクセサリーは、もう少し親しくなってから…ですね。

キャラクターもののグッズ

好みがハッキリ分かれてしまうものであり、かつ大人の女性への贈り物としてはウケがよくない確率の方が高いものです。
貰った側が扱いに困ってしまうもの、使わない可能性が高いものは避けた方がよいでしょう。
キャラクターものの商品は贈り物として選ばない方がよい代表選手、と考えてください。

花束

お花を一輪渡すのはとても粋なお返しなのですが、花束にして渡すのはやめておきましょう。
花束は普段貰う機会がないですし特別な感じがしますが、持って帰るのが大変なものでもあります。
帰りがけの電車でも人目を引くものですから、恥ずかしいと感じる方も多いでしょう。
お花を贈る場合は、本数は極力少なくし、また花言葉にも注意して選ぶようにしましょう。
参考花言葉の参考(花キューピッド)

まとめ

ホワイトデーのお返しの品について、お菓子から物まで幅広くまとめてみました。
よい意味を込められるものや、逆に避けるべきものも色々ありましたね~。
せっかく貰ったバレンタイン、お返しはきちんとしたいものですし、お相手に喜んでもらえると贈り手もまた嬉しくなるものです
今回の内容が、みなさんのお返し選びに少しでもお役に立つことができるよう願っています。

スポンサーリンク