入学祝いおめでとう! 小学生の女の子を持つ友達へ渡す相場は?

入学祝のお祝い、悩みますよね~
そもそも絶対にあげるものなのでしょうか?
子供の人数だって、友人には二人いるけど私には一人。
明らかに損な気もするけど……いや、でもあくまでお祝いだし損得で考えたりすること自体間違ってるのかしら?
それに、入学って一度じゃない。
一回渡してしまったら、ずっと入学の度にお祝い渡さなきゃいけないの?
………。
考えたらキリがない…みなさんどうしているのでしょうか?
今日は友人同士の間での入学祝について考えていきます

スポンサーリンク

これは入学祝いを渡すべき?
小学校からの友達の子供のケース

うーん……。
友人だからって、子供の数がおんなじじゃない。
それどころか、私はまだ独身だし………。
ケチるわけじゃないけれど悩みますよね?
もしかしたら、友人もおなんじような事、思っているのかもしれません。
お祝いは気持ちの問題ですが、
「あれ、私はあの時渡したのに何のお返しもない」
なんて思ってしまうの、嫌なんですがありませんか?
“した方”って憶えてるもんなんです
なので一番良いのは、
「お返しとか気にしないでね、何にもいらないからね」
など言葉を付け加えてお互いに楽な気持ちでいることです。

ですから、こういう気持そのものが面倒だという人は、友人であってもそういった事は一切しないというのもアリかもしれないですね。
友人の良いとこ取りで、
「お互い無しね!」
がすっきりしていて良いのかもしれません。
先に書きましたが、お祝いする気持ちが一番大切なのだから、カードを贈る…もっと簡単になら、ラインだって良いと思います。
「おめでとう」の言葉が大事なんです

スポンサーリンク

どのくらいがベスト?
入学祝いを渡すタイミングと小学生の子供への相場は?

お祝いを品物ではなく現金で渡す場合、友人同士の場合だと、1000円~3000円くらいが妥当らしいです。
5000円前後もしくはそれ以上になってしまうと、気持ち的な負担になるようです。
ちなみに、身内・親戚などの場合は5000円~1万円くらいが相場のようですよ!
入学の準備には何かとお金もかかるので、それくらい頂けると嬉しいですね~。

そして、お祝いを渡すタイミングとしては、3月中旬(卒業や卒園)から入学式の前までがベストのようです。
たしかにそのタイミングがずれると何のお祝いかあやふやになってしまいそうです。

友人同士では悩んでしまうお祝いも、自分の両親や兄弟姉妹、親戚なんかだったらいつでもオッケーですよね。
学校で使うために揃えなくてはいけない沢山の備品…出費の嵐ですから、ランドセルでも学習机でもなんでもありがたい!!(笑)

まとめ

親戚同士ならいいですが、たしかに友人同士の入学祝のやりとりは面倒なのかもしれません。
子供の数も違えば、生活環境も違う…お返しだって絶対に公平に……は難しい場合が多いでしょう。
私は祖母が9人兄弟(!)でして、毎年毎年お年玉のやりとりが面倒くさい!
しかも一人っ子もいれば五人兄弟もいて……不公平なんですよ~。
なので、親世代が相談したんでしょうね…お年玉はもらえないようになりました。
でもそれはそれで親たちは気が楽になったようです。
私たち子供はもらえなくなって寂しかった事を思い出しました。
けれど自分が大人になってみれば、結局そういう事なんですね…お祝いの気持ちがお互いの負担になり過ぎてしまうのは、本末転倒

品物やお金ばかりを考えるのじゃなくて、気持ちと言葉を贈れる人は素敵だと思いませんか?
友人ともそんな間柄でありたいものです。

スポンサーリンク