エイプリルフールの由来は結構ヘビー? 雑学とついてはいけないひどい嘘とは?

毎年4月1日はエイプリルフールですね。
エイプリルフールの由来をご存知でしょうか。
エイプリルフールとは「嘘をついても許される日」として有名ですよね。
しかし、由来となるとご存知ではない方が多いようです。

エイプリルフールは、ヨーロッパで発祥した風習と言われています。
4月1日の午前中は、嘘をついてもいいですよとされています。
日本では、別名「四月馬鹿」とも言いますよね。
今回は、エイプリルフールの由来について、ご紹介しましょう

スポンサーリンク

エイプリルフールの由来の違い?雑学として楽しめるかも?

エイプリルフールの由来には諸説あります。
今回は代表的な説を3つほど紹介しますね
ちょっとした雑学として、気軽に楽しんで下さい。

由来はフランス説

フランス王への反発として、エイプリルフールが始まったとする説です。
昔、フランスでは、3月25日が新年とされていました。
そのため、3月25日から4月1日までが、新年のお祝い期間だったのです。
16世紀、シャルル9世が1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用したのです。
新年の変更に反対した人々が、4月1日を「嘘の新年」としてバカ騒ぎをしました。
シャルル9世はこれに激怒し、反対した人々を処刑しました。
抗議と追悼の意を込めて、4月1日に「嘘の新年」を祝うようになった……という説。

由来はインド説

インドの仏教徒が、エイプリルフールの由来とされる説です。
インドの仏教徒は、3月中旬から3月末まで修行を行います。
4月1日に修行を終えると、修行中が嘘のように俗人に戻ると言われていたそうです。
4月1日を「揶揄節」(やゆせつ)として、からかったことが始まりと言われる説。

由来はキリストの命日説

12月25日は、キリストの誕生日、つまりクリスマスとして知られていますよね。
余り知られていませんが、4月1日はキリストの命日とされています。
ユダの裏切りを忘れないよう、4月1日を特別な日としたことが起源とされているそうです。

ちょっと調べただけでもこんなにあるなんて驚きました。
お子さんなどに、起源を聞かれた時の参考にして下さいね。

エイプリルフールの嘘は笑えるのがイチバン!

日本では大正時代にエイプリルフールが知られるようになりました。
ですが日本では嘘をつくこと自体が人騒がせな行為として、次第に流行しなくなりました。

スポンサーリンク

それでも面白いことにお国柄の違いで、海外ではドキっとするようなひどい嘘もあるようです
話のネタとして、日本と外国の嘘をご紹介しますね。

前提として、エイプリルフールは、笑える嘘が一番良いかと思われます。
ですのでまずは家族で使えるネタを紹介しますね。

家族で使える嘘

家族の場合は、お互いの性格や生活スタイルを考慮して嘘をつくと楽しいでしょう。

定番系の嘘

「転勤することになったよ」
「宝くじが当たったよ!」
「パパ、社長になったんだ」
定番系には、このような嘘がありますよね。

すぐにばれる嘘

「宇宙人を見たよ」
「虎の仔を拾ったよ」
と言ったすぐにばれるような嘘も面白いですよね。

小さい子供さんなら、驚くかもしれませんね。
小学校中学年以上の子供さんなら、すぐに気づいて笑ってくれるでしょう。
嘘をついた後は、早めにネタをばらすようにして下さいね。

海外ではひどい嘘をついても大丈夫かも?

イギリスのエイプリルフール

お堅いイメージのあるイギリス。
実はイギリスでは、国民的行事と言えるくらいエイプリルフールが盛り上がるそうです。

例えば……。
1698年には「ロンドン塔でライオンが見物できるという」嘘が流れました。
4月1日ロンドン塔に多くの人が見物に行ったそうです。
日本ではちょっと考えられない規模の嘘ですよね。
このような架空の行事をでっち上げ、楽しんでいたそうです。

2000年代には国営放送が「空を飛ぶペンギンの姿の映像」を放送しました。
4月1日のため、嘘情報と気づいている国民も多かったようです。
ただ、一部の方が本気にしたため抗議の電話が殺到したそうです。
国営放送……日本だとNHKが………やっぱりありえないです。

少しのご紹介でしたが、まだまだ海外のエイプリルフールには壮大なものがあるのでしょうね~。
このような嘘をひどいと思うか面白いと思うかは、あなた次第です。
ちなみに、イギリスは噓は午前中と決まっていて、午後には必ずネタばらしをするそうです。
今年のエイプリルフールは、海外のニュースにも注目してみましょう

まとめ

エイプリルフールの由来について、ご紹介しました。
考えたらエイプリルフールって、不思議な風習ですよね。
日本では、人騒がせなイメージがあるため余り流行していないようです。
誰かに迷惑を掛けてはいけないという、国民性もあるかもしれませんね。

最近は、SNSを利用してエイプリルフールを行う方もいますし、大手企業がネット上などでエイプリルフールの笑えるネタを発信しています。
エイプリルフールは、楽しい嘘で笑って過ごしたいもの
誰かを傷つけたり悲しませたりする嘘は控えたいですね

海外の壮大な嘘を楽しんだり、「嘘をついても良い日」じゃなく「嘘で笑える日」だと素敵だなと思います。

スポンサーリンク