引っ越し費用の相場!一人暮らしの総額を公開!準備・荷造り方法をピックアップ!

念願の一人暮らしをしたい!そう考えた時に気になる費用の総額。
データによると初期費用の総額は平均で30~40万円発生すると言われています。
しかしこの費用は事前の準備や荷造りをうまくやれば、コストダウンが出来る事を知っていますか?
ここではそんな一人暮らし前のノウハウを公開しています。

スポンサーリンク

どのくらいの出費になる?引っ越し費用と一人暮らしの総額!

一人暮らしをしたいと考えたら、まずやる事は引越し費用と毎月の支払い総額を明確にする事です。
実家暮らしの場合は中々考える事も無いですし、何となくで済ませているケースがほとんどなので、自立と言う面を考えて算出してみましょう。

まず引越しに必要な費用は引越し業者へ依頼する場合の費用、そして不用品を処分する費用の2つです。
シーズンにもよりますが3~4万円は見積もっておくとよいでしょう。
不用品回収は荷物の量にもよりますが、1~2万円程度です。

不用品が全く無かったり、実家で処分してくれたりする場合はこの金額は必要ありません。
引越し業者に関しても友人が引越し手伝いをしてくれると言うケースもありますが、重量のある荷物もあるのでプロへ依頼するのが一番です。

そして忘れてはいけないのが物件費用です。
賃料を毎月支払うのは当然ですが、敷金や礼金、前家賃、仲介手数料など様々な費用が発生します。
この金額は契約する物件によって大きく変わるので注意が必要です。

引越しが済んだら後は新しい生活が待っているのですが、その生活に発生する金額はご存知ですか?
単身者の場合は10~15万円が平均と言われていて、自炊の有無が総額にダイレクトに影響します。

また外食や飲酒・たばこを嗜む方は更に金額がプラスされる可能性もあるので、前もって自分で家計簿をつける様にすると良いでしょう。
地方や学生の場合はもう少し安くなりエリアによっては7~12万円で収まる事もあります。

スポンサーリンク

早めにやろう!引っ越し準備の荷造りの3ステップとは?

引越しが決まったらさっそく荷造りに取り掛かりましょう!
とは言ってもどこから始めればいいのか分からない方もいますので、3つのステップ分けて説明していきます。

まず部屋にある荷物をいくつかのブロックに分けます
キッチン、トイレ、リビングと生活環境のジャンルによってブロックを分ける事で荷造りがスムーズに行きますし、引っ越し後に荷物を配置する時も楽です。

余裕があればブロックをより細かなグループに分けるとより効率的です。
ブロック、グループに分けたら使う頻度の少ない荷物からダンボールに詰めていきます。

特に仕事をしている方は1日で荷造りをするのは難しく、数日に分ける必要があります。
その時に計画を立てずにダンボールに詰めていくと、普段使うものまで詰めてしまうケースもあります。

そうなると開梱して詰めるのを繰り返してしまうので荷造りがはかどりません。
引越しの日にちが近づくにつれて、普段使うものもダンボールに入れていくと良いでしょう。
そして引越しの前日、または当日に毎日使うものを詰めれば荷造りは完了です。

ちなみに荷造りは早ければ早いほど良いですが、1週間前から取り掛かると余裕がありますし、ダンボールや荷造りに使う道具が不足した場合も慌てずに対処が出来ます。

必要なグッズはダンボール、軍手、カッターやはさみ、ガムテープに油性ペンです。
ワレモノシールがあると、食器を運ぶ時に便利ですし、油性ペンはダンボールにどんな物が入っているかを書く時に役立ちます。

まとめ

これまで実家暮らしだった方からすると、一人暮らしは不安と期待が入り混じった新生活です。
そんな新生活をする為には前もって様々な準備が必要です。
まずは一人暮らしの総額や引っ越しにかかる費用を算出し、実際に物件が決まり引越しの日取りが決まったら荷造りを行います。
荷造りは1週間前程度から行うのがベストで、3つのステップに分けるとスムーズです。

スポンサーリンク