花粉症でなぜ肌荒れやニキビが出来るの? スキンケアや対策化粧水とは?

が近づくとだんだんと暖かくなって心がうきうきしますね。
ですが、花粉症の方には辛い季節
喉のかゆみや鼻水・涙が止まらないなど様々な症状が出ますが、この時期の肌荒れは花粉症が関係している事もあります。
そのメカニズムはもちろんの事、スキンケア方法についてもお話しましょう。

スポンサーリンク

普段よりもしっかり! 花粉症の肌荒れはスキンケアが重要!

なぜ花粉症で肌荒れが生じるのでしょうか?
その理由は花粉皮膚炎と言う症状にあります。
花粉皮膚炎はアレルゲン反応などによって身体の免疫力が低下し、肌のバリア機能が低下しておこります。
バリア機能が低下すると普段なら何の問題も無い刺激で肌トラブルが生じ、毛穴の油分や水分量のバランスが乱れてしまうのです。
花粉皮膚炎は特に乾燥や赤み・かゆみに吹き出物といった症状が現れて、人によっては花粉が落ち着くまでずっと荒れた状態になる事も。
そんな花粉皮膚炎を防ぐにはどうしたら良いのでしょう……毎日のスキンケアを見直すことをおススメします。

先ほども説明した様に花粉皮膚炎になると、肌を構成して入る油分や水分のバランスが崩れてしまったり、ヒスタミンの影響によって細胞が自分の肌を攻撃してしまう…といった状態になります。
その為、普段使っているスキンケア剤よりも優しい成分が配合されたものを使う様にすると良いでしょう。
敏感肌用・赤ちゃん用など刺激の少ない物でケアしていけば、これ以上荒れる心配はありませんし、保湿をしっかりする事により肌のターンオーバーのサイクルが徐々に整い、肌も元通りになります。

普段のスキンケアでピーリングをする方もいらっしゃるでしょう。
ですが、花粉皮膚炎の時はピーリングも荒れてしまう原因になるので厳禁です。
それでもどうしてもピーリングをしたい…そんな場合にはヨーグルトパックはいかがですか?
ヨーグルトには弱いピーリング効果と保湿効果があるのでトラブルが起きにくくなります。

スポンサーリンク

出来る限りデリケート用で花粉症の肌荒れを防ぐ!
おすすめ化粧水とは?

敏感肌用の化粧水を使っても刺激を感じる…または肌荒れがひどくなってしまった……。
そんな場合におススメの化粧水があります。
保湿といえばワセリンが有名ですが、水分を含んでいないので蓋の役割にしかなりません。
肌に潤いを与えつつ、適度に保湿してくれるといえばヘパリン類似物質が主成分になった化粧水です。
コスメと言うよりは薬用が多く、ドラッグストアでも安価で手に入ります。
ヘパリン類似物質”…聞いたことがない方もいらっしゃるでしょう。
元々体内にあるヘパリンと言う成分に似せて作られた成分で、保湿・血行促進・抗炎症作用と花粉症皮膚炎でボロボロになった肌にとても効果的と言われています。
通常化粧水の様に水分を与えるだけでは無く、内側からの新陳代謝を促すのでアンチエイジングにも効果的です。
使い方も簡単で、通常の化粧水と同じ様に洗顔後に適量取って塗るだけです。
薬用なので余計な添加物も配合されていませんから、赤ちゃんから高齢者・妊婦さんも安心して使えますね。
お値段もリーズナブルで50ml辺り2000円を下回りますので、コスパを考えて普段から使うのも良い方法です。
ヘパリン類似物質で肌を保湿した後は、無理に美容クリームなどは塗らずにそのままにしておいても大丈夫!
ヘパリン類似物質は保湿の役割もあるので重度の乾燥肌でなければこれだけで問題ないそうです。
皮膚科で処方して貰えるのも安心のひとつではないでしょうか。

まとめ

せっかくの春なのに花粉症を始めとする肌トラブルに悩まされてしまう…それは花粉症皮膚炎の可能性があります
ヒスタミンの影響によって普段はバランスが取れている肌の油分・水分のバランスが崩れて敏感になってしまい、そこに刺激が加わる事で荒れてしまうのです。
花粉症皮膚炎にはヘパリン類似物質の化粧水をぜひ試してみて下さいね!

スポンサーリンク