お墓参りにベストな時期と時間帯とは?忙しくて仕方ない時は?

仕事や家事、育児など様々な理由で忙しく、お墓参りに行けていない。

亡くなった人よりも生きている人間が大切な事は変わりありませんが、
出来ればお墓参りに行って見ませんか?

お墓参りにベストな時間帯やタイミングについてお話しています

スポンサーリンク

午前中にお墓参りがベストのワケは?
時間帯についてもレクチャー

あなたが“お墓参り”をイメージして思い浮かぶ時間帯はいつですか?

朝から出かけて昼過ぎには到着…掃除やお参りを済ませて夕方前には帰路に着く……そんなイメージではありませんか?

実はこのイメージはとてもマナーに忠実で、お墓参りは午前中が良いとされています

理由は霊園の営業時間帯にあります。
基本的に霊園は朝~夕方にかけて開放し、それ以降は防犯上の理由でクローズしています。

あまりにも遅い時間帯にお墓参りをするとタイミングによっては入場出来ない事もありますから。

“ついで参り”という言葉をご存知ですか? 何かの用事の“ついで”にお墓参りをすることです。

特に年配の方に、この“ついで参り”は嫌がられる傾向にあります
ついでではなく、故人の為に時間を割いたと言う意味でも午前中~昼のお墓参りがベストです。

ちなみに年配者がいない…またはどうしても夜にしか時間が無いからといって、
夜間帯のお墓参りはあまりおすすめ出来ません。

霊園は夜間帯に対応していないので照明が少ないです。
思わぬケガをしてしまったり、他所様のお墓を荒らすような結果になりかねません。

近隣の方にもご迷惑かもしれないですし、どうしてもと言う理由が無い限りは夜間帯のお参りは避けた方が良いでしょう

日々忙しく、中々お墓参りに行けない事も多々あります。

しかし少なくとも年に一回はお参りして、
故人にあなたや家族の元気な状態を見せてあげるのも大切なことです。

霊園やお墓が遠方であれば、お正月やお盆などの帰省などを利用してお墓参りをしてはどうでしょう。

スポンサーリンク

忙しいからお墓参りに行けないのは仕方ない?
お盆やお正月だけでもOK

仕事が忙しい、家庭や家事の都合で時間が取れない…多くの方が思っている事です。

確かに仕方の無い事かも知れませんが、出来る限り時間を作ってみませんか?

お墓参りをしなければいけない決まった時期はありませんが、
連休を取りやすいお正月やお盆など帰省しながら故人に会いに行くのも手です

年配者はついで参りを嫌う傾向にありますが、
それでも全くお参りに出向かないよりはマシですし、ほんの少しでも良いので故人と向き会う時間を作るのが大切です。

ちなみにお墓参りは午前中に行くのがベストと説明しましたが、お盆だと少し状況が違います

お盆は死者が故郷や生前の自宅に帰ってくる時期なので、お迎えと見送りが必要です。

まずお迎えは最初のお盆の日……多くの地域では8月13日になります。

時間帯は15~17時辺りで、玄関先の迎え火を頼りに故人が帰ってくるので午前中を含めてあまり早い時間帯では意味がありません。

見送りは8月16日の17~19時までがベストです。
地域によっては見送り後に精霊流しをする事もあります。

お彼岸の時期には特に時間帯を気にする必要は無いですが、お正月の場合は初詣と別の日にするのがルールです。

神社の神様は死や穢れを嫌うので、お墓参りの後に行くのはタブーとされています

時間帯に関しては普段通りのルールに則って問題は無いので、お正月の午前中にお墓参りにいくのが良いでしょう。

今は昔と違い、お墓が身近にあるケースは少なくお参りの回数も減りつつあります。
だからこそしっかりルールやマナーを知っておきたいですね。

まとめ

何のイベントも無い普段の日であれば午前中が好ましいお墓参りですが、
お盆やお彼岸・お正月にお参りする場合はちょっとルールが異なります

死者が帰ってくるお盆は数日に渡ってお参りが必要ですし、
お正月は神社の神様が死を嫌うので初詣と別の日にちに行きましょう。

お彼岸の時期は普段通りで構いませんが、
日頃からこういったことを少し頭の片隅に置いておくと、変に恥をかく事はありません。

スポンサーリンク