CATEGORY

お墓参り

お墓参りの線香のマナーを知ろう! 何本立てるか? あえてなしでもいいの?

線香というのは、はるか昔から使われているものであり、 故人を極楽へ導いてくれる意味があります。 そんな線香ですが立てる本数に厳密な決まりはなく、 どちらかというと宗派によって決まっているようです。 スポンサーリンク 天台宗・真言宗は3本、禅宗・浄土真宗は1~2本となります。 また近年では気持ちを大切にする方も多く、手ぶらでのお墓参りも許容されるようになりました。 スポンサーリンク

お墓参りに適した服装は? お彼岸の時の手順は普段と違うの?

お墓参りに行く際の服装ですが、必ずしも喪服である必要はありません。 スポンサーリンク 但しあまりにも派手な色やデザインは避けて、 紺やグレー・黒といった地味な色を選ぶのがマナーです。 お墓参りをする時の掃除の手順についてなど、説明しています。 スポンサーリンク

お墓参りにベストな時期と時間帯とは?忙しくて仕方ない時は?

仕事や家事、育児など様々な理由で忙しく、お墓参りに行けていない。 亡くなった人よりも生きている人間が大切な事は変わりありませんが、 出来ればお墓参りに行って見ませんか? スポンサーリンク お墓参りにベストな時間帯やタイミングについてお話しています。 スポンサーリンク

お墓参りにも時期がある!マナーとお供えや時間帯を徹底公開!

日本のしきたりには多くのマナーがありますが、お墓参りにも同じことが言えます。 例えばお墓参りの時間帯ですが、 深夜や夜間帯・ついで参りを防ぐ為に午前中が良いとされています。 スポンサーリンク 作法やマナーを知りみんなが気持ち良くお墓参りが出来る様にしましょう。 スポンサーリンク

お墓参りで使う花のタブー! 造花や持ち帰って飾るのはアリ?

お葬式には、信仰している宗派や地域など多くのローカルルールがありますが、 花のマナーについては意外と知られていません。 スポンサーリンク 造花は基本的にOKですが、 やはり宗派や地域によって持ち帰りはタブーなケースもあります。 ここではお葬式の花にスポットを当てて紹介しています。 スポンサーリンク