MONTH

2019年2月

お墓参りの線香のマナーを知ろう! 何本立てるか? あえてなしでもいいの?

線香というのは、はるか昔から使われているものであり、 故人を極楽へ導いてくれる意味があります。 そんな線香ですが立てる本数に厳密な決まりはなく、 どちらかというと宗派によって決まっているようです。 スポンサーリンク 天台宗・真言宗は3本、禅宗・浄土真宗は1~2本となります。 また近年では気持ちを大切にする方も多く、手ぶらでのお墓参りも許容されるようになりました。 スポンサーリンク

沖縄のさとうきび畑の収穫時期は?観光場所と食べる時の注意点

甘くておいしいさとうきびは冬が収穫時期でピークは1~3月です。 ちなみに沖縄のどこにでもある訳ではありません。 さとうきびを目当てにするなら読谷村や医伊平屋島、宮古島がおすすめです。 スポンサーリンク ここではさとうきびの収穫時期や観光地、そして食べる際の注意点を紹介しています。 スポンサーリンク

お墓参りにも時期がある!マナーとお供えや時間帯を徹底公開!

日本のしきたりには多くのマナーがありますが、お墓参りにも同じことが言えます。 例えばお墓参りの時間帯ですが、 深夜や夜間帯・ついで参りを防ぐ為に午前中が良いとされています。 スポンサーリンク 作法やマナーを知りみんなが気持ち良くお墓参りが出来る様にしましょう。 スポンサーリンク

しだれ桜の花言葉は「優美」!盆栽の場合は誘引して仕上げよう!

誕生プレゼントに、ホワイトデーに、花の贈り物。 男性にとっては気にならないものかもしれませんが、 女性にとっては男性よりプレゼントされると中身も気になりますが、 そのものが意味するものがあるとさらに嬉しく感じたり、 はたまたショックを受けることもあります。 乙女心ですよね。 全体的に見回せば、恋愛関係の言葉を表現しているのかな? とも受け取れますが、中でも花言葉は恋愛だけではなくお見舞いやお祝いに […]

不要になった雛人形の処分方法とは? 供養するのが正解なの?

桃の節句を祝うひな祭り。 小さな女の子のいる家庭では毎年、健やかな成長を祈る年中行事ですね。 しかし年月が経つにつれて一緒に楽しんだ雛祭りも、なかなか機会がなくなっていませんか? 成長は両親にとって嬉しい反面、少し寂しい気持ちもあるかと思います。 就職や結婚など…様々なことでの自立も間近になってくる頃。 娘の誕生日を始め、お宮参りや初節句、七五三に加えて四季折々のイベントも積極的に取り組み、お祝い […]

お墓参りで使う花のタブー! 造花や持ち帰って飾るのはアリ?

お葬式には、信仰している宗派や地域など多くのローカルルールがありますが、 花のマナーについては意外と知られていません。 スポンサーリンク 造花は基本的にOKですが、 やはり宗派や地域によって持ち帰りはタブーなケースもあります。 ここではお葬式の花にスポットを当てて紹介しています。 スポンサーリンク

100均DIYで簡単に!かわいいキッチンの壁に変身させる方法は?

今、ご自宅ですか? もし良かったら壁をちょっと眺めて見て下さい。 壁は住宅の多くを占めるにも関わらず、地味な印象を持っています。 この壁にちょっとした工夫をするだけで、室内が劇的に変化すると思いませんか? 特にキッチンなどは、殺風景になりがちな所が可愛く彩れます。 今日は、賃貸住宅などで壁に穴を開けられなくても楽しめるDIYをご紹介します。 スポンサーリンク